注目の記事

米国素材を介護食に 米大使館がセミナー

アメリカ大使館農産物貿易事務所は14日、「介護食向けアメリカ食材栄養セミナー~高齢者の健康な生活に必要な栄養とレシピ案~」を開催、約80人が参加した。


レイチェル・ネルソン所長は、介護食市場のビジネスチャンスに言及。「アメリカ産農作物に対する認識を深めるとともに、・・・
(詳しくは6月17日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 機能性表示、一瞬で伝わるわかりやすさ重要 BASF調査
  2. JARO上半期審査概況、健康食品の苦情47%増
  3. シェフコ、新工場建設へ 鹿沼市に用地取得
  4. もち麦製品、売り切れ続出
  5. 8月に本誌セミナー、食品の知財事情最前線テーマに
  6. 機能性表示577品、「豆腐」「牛丼の具」など受理
  7. ファイン、機能性表示食品のOEMに注力 年明けメドに新工場
  8. アサヒグループHD、発酵乳由来成分で認知機能改善
PAGE TOP