注目の記事

宝島ジャパン、シーバックソーン粉末品など供給

宝島ジャパンは、モンゴルのスーパーフルーツとして知られるシーバックソーン(中国名:サジー)で、新たに飲みきりサイズのPETボトル製品を開発する。またサプリメントや加工食品にも使用しやすい粉末タイプの対応も行う。


同社ではジュース原料販売やOEM供給が拡大中であるほか、機能性表示食品としての申請も準備中だ。系列会社のイエロー・・・

(詳しくは12月20日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)

関連記事

  1. 8月に本誌セミナー、食品の知財事情最前線テーマに
  2. オムニアクティブ、「ルテマックス」が若年層の目・脳に有効
  3. 食安委、栄養成分で新指標「HOI」示す リスク評価指針案
  4. 食品表示、今秋に相次ぎ報告書等
  5. 通販大好き県、トップは東京 「スマホで通販」は1位沖縄
  6. 地方独自の機能性表示制度、要望強まる
  7. 東栄新薬、キングアガリクスのOEM好調
  8. 湧永製薬、熟成ニンニクサプリを発売
PAGE TOP