注目の記事

ライ麦成分に寿命延伸効果

東京大学応用生物学部の今井信二教授らの研究グループは3日、山梨学院短期大学植物栄養科の萱嶋泰成准教授らとの共同研究により、ライ麦や小麦等に含まれる「アルキルレゾルシノール」が老化抑制や生命維持に重要とされる酵素サーチェインを特異的に活性化することを発見したと発表した。


アルキルレゾルシノールをショウジョウバエに・・・

(詳しくは4月7日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 機能性表示食品、500品突破
  2. ウェルナス、ナス由来機能性成分でヘルスケア市場参入
  3. 元気な高齢者が活躍できるフィールド 「ハッピーでヘルシーな」新潟…
  4. スマホで菌検査 アクアシステムが開発
  5. ポーラ、美容健康食品を発売 油になじむVCを使用
  6. 欧州司法裁判所、ビタミン等上限量「EFSAに従うべき」
  7. 米軍兵士のサプリ利用拡大 若年層顕著に
  8. 食品産業センター、原料原産地表示で要望書 「中小企業は厳しい」
PAGE TOP