注目の記事

ライ麦成分に寿命延伸効果

東京大学応用生物学部の今井信二教授らの研究グループは3日、山梨学院短期大学植物栄養科の萱嶋泰成准教授らとの共同研究により、ライ麦や小麦等に含まれる「アルキルレゾルシノール」が老化抑制や生命維持に重要とされる酵素サーチェインを特異的に活性化することを発見したと発表した。


アルキルレゾルシノールをショウジョウバエに・・・

(詳しくは4月7日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 特保6品許可も総数は減少、「失効」は86品に
  2. 国セン、機能性表示食品制度で宿泊セミナー
  3. 機能性表示の届出資料、確認体制を強化 16年度補正予算案
  4. 機能性表示235品に マルハニチロ、Mizkanが10品超
  5. 米国、栄養成分表示を改定 ビタミンD、カリウム表示を義務化
  6. 龍泉堂、オニオン・パンプキンエキス末でコーシャ取得
  7. サルコペニア対策、アミノ酸+運動で
  8. メガネスーパー、アスタキサンチンで健食市場に参入
PAGE TOP