注目の記事

機能性表示730品、日本薬品開発など初受理

消費者庁は機能性表示食品として受理した商品について、24日に3品、27日に4品の情報を公開した。今年度はこれで428品。累計は730品となった。


初受理は3社。日本酪農協同では・・・

(詳しくは2月28日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. インデナ、ビルベリーが網膜症に有効 他社素材との比較試験
  2. 米FDA、オメガ3で表示規則 「多い」などNGに
  3. DgSの健食販売額、5月は5.5%増と好調
  4. EFSA、機能性表示で新ガイドライン 失望の声も
  5. 三重県、東京五輪向け「野菜機能性」分析事業
  6. EFSA、砂糖の健康影響評価に着手
  7. 8月に本誌セミナー、食品の知財事情最前線テーマに
  8. 欧州、新規食品制度を18年に刷新 食経験は「25年以上」
PAGE TOP