ヘッドラインニュース

機能性食品開発で研究成果集


大豆、玉葱、柑橘等で機能性表示目指す計画も

「大豆で中性脂肪低減」「玉葱で認知機能改善」-農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は「機能性をもつ農林水産物・食品開発プロジェクト」の研究成果集を公表した。機能性表示を目指す計画も盛り込まれている。


プロジェクトは12年度補正予算により13~15年度、20億円の予算で実施。「機能性をもつ農林水産物やその加工品の開発」では・・・

(詳しくは4月7日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 食品安全委、大豆イソフラボンの上限値で合意
  2. 特保マーク「消費者庁許可」に
  3. 農水省、ORACの普及に着手
  4. 農芸化学会、26日から名古屋で クロレラの機能性等報告 一般口頭…
  5. 新宿区医師会 統合医療検討委を設置(1/20)
  6. バイオケム、飲料用核酸の供給量が倍増
  7. 厚労省、16年の厚労科学研究を評価 葉酸、イチョウ葉等「有効」
  8. 日本睡眠改善協議会が発足
PAGE TOP