ヘッドラインニュース

機能性食品開発で研究成果集


大豆、玉葱、柑橘等で機能性表示目指す計画も

「大豆で中性脂肪低減」「玉葱で認知機能改善」-農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は「機能性をもつ農林水産物・食品開発プロジェクト」の研究成果集を公表した。機能性表示を目指す計画も盛り込まれている。


プロジェクトは12年度補正予算により13~15年度、20億円の予算で実施。「機能性をもつ農林水産物やその加工品の開発」では・・・

(詳しくは4月7日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. ケンコーコム、アガリクスの安全性調査を開始
  2. 「機能性表示」課題検討会 「糖質・糖類」追加へ、議論前進
  3. 日医、健食の健康被害情報の収集へ
  4. ミツバ貿易、サージ供給量が急増
  5. 特別レポート 米国「IFT」 「植物プロテイン」「グルテンフリー」席巻 【特別レポート】 米国「IFT」 「植物プロテイン」「グルテンフ…
  6. 日健栄協、25日に交流会 「新JHFA構想」を紹介 健食安全性め…
  7. EU、サプリ原料植物の安全性評価基準でパブコメ募集
  8. 機能性表示「エキス」追加案 結論先送り、18日再検討
PAGE TOP