注目の記事

日健栄協、健食表示で相談事業 6月に試行開始

日本健康・栄養協会は17日、メディア懇談会を開き、認定健康食品(JHFA)の新規格基準、HACCP導入義務化への対応など各取組の進捗状況、健食の表示・広告に関する事業者向け相談など新事業を発表した。


健康食品部は、認定健康食品(JHFA)の新規格基準「フコイダン食品」策定の進捗状況として・・・

(詳しくは4月18日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 美容商材のビューティガレージ、鍼灸接骨院展開のアトラと業務提携
  2. 食品用途特許、40品に迫る 「機能性」明記
  3. ユーグレナ、ミドリムシ増産 年産160t体制に
  4. ファイン、機能性表示食品のOEMに注力 年明けメドに新工場
  5. 北海道「ヘルシーDo」81品に、日本コカ・コーラの商品認定
  6. ビアンネ、ダイエットサプリ「こうじ酵素」100万個突破
  7. 産業協議会、「エビデンス向上分科会」等立ち上げへ
  8. ヒハツや月桃等で「Tie2」活性化、血管の働きスムーズに
PAGE TOP