注目の記事

日健栄協、健食表示で相談事業 6月に試行開始

日本健康・栄養協会は17日、メディア懇談会を開き、認定健康食品(JHFA)の新規格基準、HACCP導入義務化への対応など各取組の進捗状況、健食の表示・広告に関する事業者向け相談など新事業を発表した。


健康食品部は、認定健康食品(JHFA)の新規格基準「フコイダン食品」策定の進捗状況として・・・

(詳しくは4月18日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. イオンマレーシア、クリニック併設型のDgS開設
  2. 文科省が成果事例集、機能性食品で経済波及効果
  3. 10月にダノン健康栄養フォーラム「腸内細菌と健康」
  4. ニュートリションアクト、メロン素材に紫外線保護効果
  5. 健食転売で「月100万儲かる」都センが注意喚起
  6. 健康食品の品質、「事業者責任で対応を」
  7. VD不足、細胞形成に影響
  8. 消費者庁、健食留意事項で成案 不当表示は「全体で判断」
PAGE TOP