注目の記事

睡眠環境の総合コンサル可能に グレーゾーン解消制度

経済産業省は14日、「グレーゾーン解消制度」により、睡眠環境の総合コンサルティングサービスの実施について、医師法ならびに薬機法における取り扱いが明確になったと発表した。


同制度は企業が新事業を行う際、規制の適用の有無について紹介できるもの。睡眠環境改善アドバイスや商品提案サービスで・・・

(詳しくは4月18日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 経団連が規制改革要望、原料原産地表示に懸念 「経営を圧迫」
  2. 森永乳業、ヨーグルトで米国市場参入
  3. 宝島ジャパン、シーバックソーンで「機能性表示」視野
  4. 非常食ではなく「災害食」 乾パンで我慢する時代は過去
  5. インデナ、クルクミン原料「メリーバ」がサルコペニアに有効
  6. ファーマフーズ中間期、通販好調で売上高19%増
  7. 【通関速報】ハチミツ輸入量が27%増
  8. 甲陽ケミカル、グルコサミンの機能性関与成分名を変更
PAGE TOP