注目の記事

消費者委・河上委員長、機能性表示への考え示す 「成分管理徹底を」

消費者委員会委員長の河上正二氏は、2日に都内で開催された医療経済研究・社会保険福祉協会主催のフォーラムで講演し、機能性を表示できる食品に対する同委員会の考え方を示した。


3期にわたり委員長を務める同氏は、その間に「大きな出来事が2つあった」と述べた。1つは食品表示の一元化で、もう1つは機能性表示食品制度の導入と説明。後者の導入に当たり、これだけは気を付けてほしいという9条件を付けたとした。
同氏は、食品の問題に対する関心の高さを指摘。基本的なポリシーとして「とに・・・

(詳しくは2月3日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 日本製紙、茶品種「サンルージュ」が認知機能低下抑制
  2. 米FDA、GRAS制度で最終規則
  3. 健康産業協議会、26日講演会 消費者庁・赤崎課長ら登壇
  4. アサヒグループHD、発酵乳由来成分で認知機能改善
  5. 越後薬草、紅麹色素配合の酵素飲料開発 健康博で初披露
  6. ラビジェ、乳酸菌発酵コラーゲンの供給開始
  7. 坂戸市、ハウスと葉酸プロジェクト 日本一の健康長寿市目指す
  8. ファイン、機能性表示食品のOEMに注力 年明けメドに新工場
PAGE TOP