注目の記事

都道府県の死亡率、青森県がワースト

厚生労働省は14日、2015年の「都道府県別年齢調整死亡率」の概況を発表した。人口10万人当たりの死亡率が最も低い県は男女とも長野県(男性434.1人、女性227.7人)。ワーストは男女ともに青森県(男性585.6人、女性288.4人)。死因別にみると・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. 機能性素材の市場規模、微増の1009億円 矢野経済
  2. FDA、サプリ等の有害事象データで一般公開開始
  3. 日本粉末、スーパーフードプレミックスのサンプルワーク
  4. VD受容体の遺伝子多型、大腸がんリスクに変化も
  5. 食品表示の夏季一斉取り締まり、「機能性表示」は違反ゼロ
  6. えがお、機能性表示食品を2品投入
  7. 健康ビジネス協議会 「新潟から世界のネットワークに」 吉田康会長…
  8. 丸善製薬、ブラックジンジャーの脂肪分解で特許
PAGE TOP