注目の記事

都道府県の死亡率、青森県がワースト

厚生労働省は14日、2015年の「都道府県別年齢調整死亡率」の概況を発表した。人口10万人当たりの死亡率が最も低い県は男女とも長野県(男性434.1人、女性227.7人)。ワーストは男女ともに青森県(男性585.6人、女性288.4人)。死因別にみると・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. 日清ファルマ、ベースサプリ5品をリニューアル
  2. 機能性表示、ファンケルが「腰の不快感」対応で受理
  3. ウェルナス、ナス由来機能性成分でヘルスケア市場参入
  4. IHM、乳酸菌「SNK」に大腸炎疾患の炎症抑制など
  5. 国セン、機能性表示食品制度で宿泊セミナー
  6. 高麗人参市場250億円に拡大
  7. 機能性表示の届出資料、確認体制を強化 16年度補正予算案
  8. 12月に臨床薬理学会、サプリ・医薬品の相互作用など
PAGE TOP