注目の記事

森永乳業、ラクトフェリンが感染性胃腸炎の発症抑制

森永乳業は11月29日、長野県松本市、信州大学と産学官連携で進めてきた共同研究で、ラクトフェリンの摂取が感染性胃腸炎の発症率を低下させ、下痢の有症期間を短縮させることを確認したと発表した。


研究では、長野県内の保育園・幼稚園職員346人を対象に、冬季感染症の発症、・・・

(詳しくは12月2日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. 都セン、15年度の消費者相談 健食で下痢など報告
  2. 高齢者の低栄養にペプチド、QOL改善も 問題はおいしさ
  3. アピ、NS工場でハーラル国際認証 海外展開を加速
  4. 週刊新潮が「トクホの大嘘」特集 難デキなど批判
  5. ユーグレナ市場規模、100億円突破
  6. 機能性表示467品に
  7. テモナ、25日から通販支援で新サービス
  8. 機能性表示食品、500品突破
PAGE TOP