注目の記事

DKSH、「チコリ由来イヌリン」の採用増加

DKSHジャパンは、べネオ社(ベルギー)が製造するチコリ由来イヌリン「オラフティ」の供給量が伸びている。


消費者の腸内環境・・・

(詳しくは11月25日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


申込受付中 食品分野の用途特許に特化したセミナー・個別相談会
2017年1月27日(金)、UBMメディアでは食品分野に詳しい弁理士の先生2名をお招きし、機能性食品の開発・製造に関連する企業様に特化した特許セミナーおよび個別相談会を行います。


関連記事

  1. 農水省が輸出取組事例、美容健食・水素水などで実績
  2. 高齢者の低栄養にペプチド、QOL改善も 問題はおいしさ
  3. 容器包装、段階的にポジティブリスト制度導入へ
  4. アフリカ素材のバオバブ、コカ・コーラが採用
  5. ユーグレナ市場規模、100億円突破
  6. 「機能性表示」改善要望、規制改革会議WGで検討へ
  7. 消費者委、機能性表示制度の分析法開示に評価の声
  8. 日本バイオコン、国内製造ウマプラセンタの供給開始
PAGE TOP