ヘッドラインニュース

機能性表示「溶出試験」に課題、エキスは「相当の検討必要」

日本健康食品規格協会(JIHFS)主催の講演会が26日に開催され、同協会GMP審査委員会委員長を務める谷本剛氏は、機能性表示食品制度の見直しに必要になる溶出試験に関し、現段階で課題が山積みしているとの考えを示した。湧出試験を設定するには「相当の検討が必要」になるとした。昨年12月に示された「機能性表示食品制度における機能性関与成分の取り扱い等に関する検討会報告書」では、錠剤・カプセルの場合、「崩壊性試験や溶出試験、製材均一性試験等を行い、製造過程の管理方法を届出資料中に記載することが適当」との考え方が示されている。同誌は「単一成分の製品では溶出試験が容易である一方、エキスなど多成分で構成されているものについては(現段階では)適用困難」とした。その背景には・・・

媒体紹介

関連記事

  1. 本紙セミナー 新特保制度を専門家が分析
  2. 通販協調査、健食含む「食料品」売上高6%増
  3. 【速報スペシャル】 健康食品、都民に浸透 3人に2人が摂取
  4. 農水省、食品の疾病予防効果解明へ
  5. 日本サプリメントの問題 特保全体に波及 消費者庁、全品調査を要請…
  6. 都講習会、「サラサラ」表示で注意喚起
  7. 抗加齢医学会 CoQ10、1200mgまで安全
  8. サントリー、「植物性乳酸菌で免疫機能活性化」
PAGE TOP