ヘッドラインニュース

機能性表示「溶出試験」に課題、エキスは「相当の検討必要」

日本健康食品規格協会(JIHFS)主催の講演会が26日に開催され、同協会GMP審査委員会委員長を務める谷本剛氏は、機能性表示食品制度の見直しに必要になる溶出試験に関し、現段階で課題が山積みしているとの考えを示した。湧出試験を設定するには「相当の検討が必要」になるとした。昨年12月に示された「機能性表示食品制度における機能性関与成分の取り扱い等に関する検討会報告書」では、錠剤・カプセルの場合、「崩壊性試験や溶出試験、製材均一性試験等を行い、製造過程の管理方法を届出資料中に記載することが適当」との考え方が示されている。同誌は「単一成分の製品では溶出試験が容易である一方、エキスなど多成分で構成されているものについては(現段階では)適用困難」とした。その背景には・・・

媒体紹介

関連記事

  1. 日本予防医薬、抗疲労特保を申請
  2. 厚労省、健食関連の予算増加
  3. 【速報】大阪で機能性表示セミナー 消費者庁・塩澤氏講演
  4. 大塚製薬、栄養補助食品の自販機展開開始
  5. 国内3社の牛骨ゼラチン、経産省助成事業で安全性立証
  6. アイロムとLTTバイオが業務提携、抗加齢クリニック展開
  7. 順天堂大、箱根駅伝優勝の陰に日清ファルマのスポーツサプリ
  8. 「健食の時代到来」 前岐阜県知事・梶原氏が強調
PAGE TOP