注目の記事

8月に本誌セミナー、食品の知財事情最前線テーマに

健康産業新聞は8月28日、「伊藤園VSカゴメから読み解く食品分野特有の問題と特許戦略」と題したセミナーを開催する。知財高裁での伊藤園VSカゴメの裁判から浮き彫りになった食品分野特有の問題(呈味に関する官能評価、数値限定)とそれを踏まえた特許戦略について弁理士が説明する。会場はTKP神田駅前ビジネスセンター。時間は15時30分から17時。参加費は購読者3000円(税別)、一般8000円(税別)。

 定員に達しましたので、お申込み受付を終了しております。

8月28日(月)「伊藤園VSカゴメから読み解く食品分野特有の問題と特許戦略」

関連記事

  1. ビアンネ、ダイエットサプリ「こうじ酵素」100万個突破
  2. 機能性表示823品、備前化成が2陽菜目の受理
  3. 小林製薬、牧野植物園と共同研究 OTC・サプリ等の開発へ
  4. 健康食品の輸出振興懇話会が発足、27日にキックオフセミナー
  5. 機能性表示食品、受理企業300社に到達
  6. スポーツ栄養学会、7月に愛媛県で
  7. 通販協調査、6割に「機能性表示」の届出意向
  8. タカラバイオ、明日葉の安定供給体制を構築 バルク供給開始
PAGE TOP