注目の記事

8月に本誌セミナー、食品の知財事情最前線テーマに

健康産業新聞は8月28日、「伊藤園VSカゴメから読み解く食品分野特有の問題と特許戦略」と題したセミナーを開催する。知財高裁での伊藤園VSカゴメの裁判から浮き彫りになった食品分野特有の問題(呈味に関する官能評価、数値限定)とそれを踏まえた特許戦略について弁理士が説明する。会場はTKP神田駅前ビジネスセンター。時間は15時30分から17時。参加費は購読者3000円(税別)、一般8000円(税別)。

 定員に達しましたので、お申込み受付を終了しております。

8月28日(月)「伊藤園VSカゴメから読み解く食品分野特有の問題と特許戦略」

関連記事

  1. 食品用途特許、40品に迫る 「機能性」明記
  2. 消費者庁、健食等の連鎖販売企業に業務停止命令
  3. 明治など、インフルエンザ予防に”ヨーグルト”
  4. 健食産業協議会と通販協、機能性表示食品で広告自主基準
  5. 「機能性表示」改善要望、規制改革会議WGで検討へ
  6. 香川県、機能性表示食品の開発支援
  7. ウェルナス、ナス由来機能性成分でヘルスケア市場参入
  8. 機能性表示で農産物の売上増、もやし1.6倍 新たな価値訴求可能に…
PAGE TOP