注目の記事

ランセット委員会、認知症リスク要因の35%は生活習慣

認知症予防などに関するランセット国際委員会は20日、ロンドンで開催されたアルツハイマー病協会国際会議で、「認知症のリスクファクターのうち、約35%が生活習慣に起因するもの」であり、予防できる可能性がるとの考えを示した。同委員会は生活習慣に起因するリスクファクターとして、「中年期における難聴」「喫煙」「高血圧」「肥満」など9要素を挙げている。「中等教育を卒業していない」など、必ずしも老年期における要因だけだないことが注目され健康格差につながるおそれがあることから・・・

続きは紙面(2017年7月21日発行)で

媒体紹介

 

関連記事

  1. 機能性表示235品に マルハニチロ、Mizkanが10品超
  2. 森永乳業、ラクトフェリンが感染性胃腸炎の発症抑制
  3. タイ健食市場2800億円、「輸入業者の役割重要」
  4. 機能性表示食品の取扱い企業、小売業の45%
  5. 通販協新会長に阿部氏 「通販のメインは電子商取引に」
  6. 明治など、インフルエンザ予防に”ヨーグルト”
  7. ウィルファーム、抜け毛対応の新素材を上市
  8. 最近1年の摂取経験、1位「健食」37% 特保14% 栄機11%
PAGE TOP