注目の記事

ランセット委員会、認知症リスク要因の35%は生活習慣

認知症予防などに関するランセット国際委員会は20日、ロンドンで開催されたアルツハイマー病協会国際会議で、「認知症のリスクファクターのうち、約35%が生活習慣に起因するもの」であり、予防できる可能性がるとの考えを示した。同委員会は生活習慣に起因するリスクファクターとして、「中年期における難聴」「喫煙」「高血圧」「肥満」など9要素を挙げている。「中等教育を卒業していない」など、必ずしも老年期における要因だけだないことが注目され健康格差につながるおそれがあることから・・・

続きは紙面(2017年7月21日発行)で

媒体紹介

 

関連記事

  1. 富士フィルム、中国の医薬品企業に出資
  2. 日健協サービス、保障付きサプリを上市 骨折等でお見舞金
  3. ダイドードリンコ、初の機能性表示食品 ファンケルと共同開発
  4. 機能性表示、対象外成分の追加議論 各団体「GMP」必要性主張
  5. 機能性表示食品の取扱い企業、小売業の45%
  6. 機能性表示、一瞬で伝わるわかりやすさ重要 BASF調査
  7. EFSA、砂糖の健康影響評価に着手
  8. クオリカプス、開発展で差別化カプセルを披露
PAGE TOP