注目の記事

ランセット委員会、認知症リスク要因の35%は生活習慣

認知症予防などに関するランセット国際委員会は20日、ロンドンで開催されたアルツハイマー病協会国際会議で、「認知症のリスクファクターのうち、約35%が生活習慣に起因するもの」であり、予防できる可能性がるとの考えを示した。同委員会は生活習慣に起因するリスクファクターとして、「中年期における難聴」「喫煙」「高血圧」「肥満」など9要素を挙げている。「中等教育を卒業していない」など、必ずしも老年期における要因だけだないことが注目され健康格差につながるおそれがあることから・・・

続きは紙面(2017年7月21日発行)で

媒体紹介

 

関連記事

  1. 常盤植物、ビルベリーで「機能性表示」対応 アイケアデータ拡充
  2. カルシウムサプリによる循環器系疾患への懸念、「関連性なし」
  3. 機能性表示806品に、日本ファルマなど
  4. 健増法への「不実証広告規制」導入、「法制上困難」
  5. 亀田製菓、「亀田のおいしくオフ習慣」シリーズから3品上市
  6. 都セン、15年度の消費者相談 健食で下痢など報告
  7. 食品科学工学会、25日から名古屋で 蜂産品でシンポも
  8. 大塚製薬、北米デイヤ社を買収 健康関連事業を拡大
PAGE TOP