注目の記事

ランセット委員会、認知症リスク要因の35%は生活習慣

認知症予防などに関するランセット国際委員会は20日、ロンドンで開催されたアルツハイマー病協会国際会議で、「認知症のリスクファクターのうち、約35%が生活習慣に起因するもの」であり、予防できる可能性がるとの考えを示した。同委員会は生活習慣に起因するリスクファクターとして、「中年期における難聴」「喫煙」「高血圧」「肥満」など9要素を挙げている。「中等教育を卒業していない」など、必ずしも老年期における要因だけだないことが注目され健康格差につながるおそれがあることから・・・

続きは紙面(2017年7月21日発行)で

媒体紹介

 

関連記事

  1. ユニアル、青汁用途で「群馬産桑葉」の原料・OEM供給
  2. 機能性表示、ファンケルが「腰の不快感」対応で受理
  3. 通販協調査、6割に「機能性表示」の届出意向
  4. 「機能性表示」検討会、関与成分不明確なもの「管理可能」
  5. ヒハツや月桃等で「Tie2」活性化、血管の働きスムーズに
  6. 23%が睡眠不足 厚生労働省・生活基礎調査
  7. スーパーフード下半期トレンド予測、1位はレッドフルーツ
  8. ヘルシーナビ、スーパーフードの試食会 チアシード入り料理等
PAGE TOP