注目の記事

京大、クルクミン化合物に抗がん作用 医薬品開発へ

京都大学の掛谷秀昭教授(天然物化学)、金井雅史特定准教授(腫瘍学)らの研究チームは、セラバイオファーマらと共同で、抗がん活性作用のあるクルクミン化合物の開発に成功したと発表した。ヒト結腸がんを移植したマウスにチームが開発したクルクミン化合物を静脈注射する実験で、有効成分の血中濃度が従来の約1000倍に高まった。抗ガン活性が確認された一方で体重減少などは見られなかった。今後については…

続きは紙面(2017年9月5日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 農水省、機能性表示拡大目指し補助金 地域で市場育成
  2. OTC薬協、「ビタミン保健剤、新たな効能表示に期待」
  3. 特保買上調査で不備、消費者委が不満表明
  4. 宝島ジャパン、シーバックソーン粉末品など供給
  5. 加工食品の介護食、市場規模3.7%増の991億円
  6. 特保、機能性表示食品が圧倒?
  7. リバソン、乳酸菌やウコン抽出物など新原料5品上市
  8. キリントロピカーナ、栄養補給の果実飲料が1億本突破
PAGE TOP