注目の記事

京大、クルクミン化合物に抗がん作用 医薬品開発へ

京都大学の掛谷秀昭教授(天然物化学)、金井雅史特定准教授(腫瘍学)らの研究チームは、セラバイオファーマらと共同で、抗がん活性作用のあるクルクミン化合物の開発に成功したと発表した。ヒト結腸がんを移植したマウスにチームが開発したクルクミン化合物を静脈注射する実験で、有効成分の血中濃度が従来の約1000倍に高まった。抗ガン活性が確認された一方で体重減少などは見られなかった。今後については…

続きは紙面(2017年9月5日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. DgSの健食販売額、6月は6.6%増
  2. ハウスウェルネス。全13ビタミン配合の飲料・サプリ
  3. 光洋商会、アスタキサンチンの取り扱い開始
  4. 抗加齢医学会総会に5500人
  5. 東洋酵素、スピルリナ好調 スムージー向け等で
  6. 米オーガニック市場、過去最高の433億ドルに
  7. ティーエストレーディング、タートチェリーを本格供給
  8. 消費者委の建議、消費者庁の対応「不十分」 健食広告等
PAGE TOP