注目の記事

京大、クルクミン化合物に抗がん作用 医薬品開発へ

京都大学の掛谷秀昭教授(天然物化学)、金井雅史特定准教授(腫瘍学)らの研究チームは、セラバイオファーマらと共同で、抗がん活性作用のあるクルクミン化合物の開発に成功したと発表した。ヒト結腸がんを移植したマウスにチームが開発したクルクミン化合物を静脈注射する実験で、有効成分の血中濃度が従来の約1000倍に高まった。抗ガン活性が確認された一方で体重減少などは見られなかった。今後については…

続きは紙面(2017年9月5日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. JXエネルギー、アスタキサンチンで韓国デサンと契約
  2. 日本水産、神奈川県とタイアップ EPAの普及推進
  3. アルビータ、「国産アスタキサンチン」今秋めどに供給へ
  4. 米国素材を介護食に 米大使館がセミナー
  5. 5成分のスイッチOTC化、妥当性で意見募集
  6. 横浜油脂、タマネギケルセチン原料をリニューアル
  7. 日健栄協、来年3月に特保講習会
  8. 血液でうつ病の診断可能に 群馬大学、中高年対象研究で
PAGE TOP