注目の記事

ウェルナス、ナス由来機能性成分でヘルスケア市場参入

ウェルナス(長野県上田市)は、信州大学で発見された機能性成分「コリンエステル」を利用したヘルスケア事業を開始する。信州大学農学部の中村浩蔵准教授が、ナスに神経伝達物質のアセチルコリンが大呂に含まれていることに注目。ラット試験で血圧低下作用などを確認しており…

続きは紙面(2017年9月5日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. アピ、アルミボトル缶の炭酸飲料受託スタート
  2. 消費者委・河上委員長、機能性表示への考え示す 「成分管理徹底を」…
  3. 日健栄協、来年3月に特保講習会
  4. 健増法の監視指導指針、改正案を一部修正 近々にも公表
  5. 規制改革会議WG、機能性表示「受理」長期化を問題視
  6. 岩瀬コスファ、唐津市と進出協定 物流倉庫が来年6月竣工
  7. ファンケル、第二研究所竣工でイノベーション推進
  8. 東洋新薬、佐賀県に新工場建設 65億円投資、19年春竣工
PAGE TOP