注目の記事

ウェルナス、ナス由来機能性成分でヘルスケア市場参入

ウェルナス(長野県上田市)は、信州大学で発見された機能性成分「コリンエステル」を利用したヘルスケア事業を開始する。信州大学農学部の中村浩蔵准教授が、ナスに神経伝達物質のアセチルコリンが大呂に含まれていることに注目。ラット試験で血圧低下作用などを確認しており…

続きは紙面(2017年9月5日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 日健栄協、機能性農産物活用でセミナー 全国12地域で
  2. 日健栄協、特保で品質管理徹底呼びかけ
  3. 新潟県 「全国に先駆けた取り組み、今後もPRに努める」(利根川課…
  4. サミー使用の「チアフル酵母」、機能性表示の届出撤回
  5. 研光通商、サチャインチパウダーの本格供給開始
  6. アピ、「ODMでネクストステージへ」
  7. 農商工連携で海外販路開拓、経産省が2月にシンポ
  8. ファンケル、第二研究所竣工でイノベーション推進
PAGE TOP