注目の記事

梅丹本舗、ドーピング禁止物質含有商品で方針決定

梅丹本舗は6日、同社の「古式梅肉エキス」「トップコンディション」から世界アンチ・ドーピング機関(WADA)禁止物質が検出された件で、確定検査結果がまとまり、今後の方針が決まったと発表した。


対象2品のアスリートへの供給を中止、パッケージに注意喚起を記載するなどの措置をとる。
同社では4月21日に、スクリーニングテストで、この2品からWADA禁止物質の「ボルジオン」が検出されたことを報告。このほど、英国の検査会社から確定検・・・
(詳しくは6月7日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 通販協調査、6割に「機能性表示」の届出意向
  2. アスク薬品、新素材「発酵黒じゃばら」の供給開始
  3. 化粧品受託企業、下半期は「水素」に注目
  4. FDA、サプリ等の有害事象データで一般公開開始
  5. ニッコールグループ、スクワラン事業で米企業と合弁会社
  6. 特保・機能性表示への監視、より厳しく
  7. バイオジェニック、ブルネイのアスタ培養工場が稼働開始
  8. クオール薬局、「健康サポート薬局」モデル店舗をオープン
PAGE TOP