注目の記事

梅丹本舗、ドーピング禁止物質含有商品で方針決定

梅丹本舗は6日、同社の「古式梅肉エキス」「トップコンディション」から世界アンチ・ドーピング機関(WADA)禁止物質が検出された件で、確定検査結果がまとまり、今後の方針が決まったと発表した。


対象2品のアスリートへの供給を中止、パッケージに注意喚起を記載するなどの措置をとる。
同社では4月21日に、スクリーニングテストで、この2品からWADA禁止物質の「ボルジオン」が検出されたことを報告。このほど、英国の検査会社から確定検・・・
(詳しくは6月7日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 通販大好き県、トップは東京 「スマホで通販」は1位沖縄
  2. ミツバチ減少、原因はカメムシ用殺虫剤の可能性
  3. 食品の用途特許、各社着々と出願 権利化の機会失う例も
  4. フジッコ、機能性表示食品を拡充
  5. B&Sコーポ、ホタテプラズマローゲン粉末原料供給へ
  6. 三菱ケミカルフーズが誕生へ
  7. 特保全品調査、早ければ来週にも結果公表
  8. 日本食品化工、「難消化性グルカン」強化 SR作成中
PAGE TOP