未分類

健康産業速報2月14日号

・19年青汁市場規模 1%減の1050億円に

・HACCP制度化、ポイントは「危害要因の管理」

・東京都、独自の「健康食品手帳」作成

・長野県、「機能性から選ぶ」県産食品サイト

・酵素・酵母食品市場、3%減の505億円

・埼玉県でシーズ発表会、健康志向食品の開発など

・CRN勉強会、機能性表示「事後チェック指針」等

・富士化学と富山大、アスタキサンチンが代謝改善

・金印、加工わさび初の機能性表示食品

・沖縄全薬、久米島産シモンイモを供給

・ハウスウェルネス、「ネルノダ」シリーズ500万個突破

・森永乳業、シニア世代のタンパク質ニーズ対応飲料

・宮島醤油、同社初の機能性表示食品「紫黒米酢」

・大関、美容成分配合「お米の発酵飲料」発売

・総医研HD中間決算、売上高17%増

・マツキヨHD第3四半期、売上高2.6%増

・アルテック、野菜不足を「見える化」する測定器

 

 

健康産業速報 定期購読のお申し込みはこちら

 

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳細はこちら!

関連記事

  1. 帝人、乳酸菌・ビフィズス菌事業参入
  2. 健康産業速報7月7日号
  3. 低栄養傾向の高齢者、男性10%・女性20%
  4. 健康産業速報3月6日号
  5. 静岡県、緑茶の免疫力向上効果を発信
  6. 19日通関速報、ハチミツ微増で着地
  7. 健康産業速報7月31日号
  8. 「食事による栄養摂取量の基準」改正、VD目安量引き上げ
PAGE TOP