企業ニュース

健康産業速報 サンライフ、一般食品分野でスピルリナの用途開拓

サンライフは、一般食品分野でスピルリナの用途開拓を加速していく。スーパーフードとして、スムージーで開拓された一般食品分野へのアプローチを進めていく。


同社スピルリナ原料は、「スピルリナ原末TW(台湾産)」「雲南スピルリナ原末(中国産)」の2種。原料供給を中心に、錠剤バルクやPB製品供給に対応している。

「スピルリナ原末TW」は、食品GMP・ISO9001、HALAL認証を取得した台湾の藻類生産専門工場で培養されたもの。台湾国内では、“血液の健康”に関する機能として、コレステロール低下とトリグリセリド(中性脂肪)の低下を機能性表示する「健康食品認証(日本の特保に相当)」を取得している。


媒体紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

PAGE TOP