健産抄

【健産抄】食衛法改正、一丁目一番地に健康食品

食品衛生法の改正案が次期通常国会に提示される。当初はHACCPの拡充などを中心に、幅広い食品安全に関するテーマで議論が進んでいたが、国民生活センターなどが収集した健康被害情報などをきっかけに、検討会の雰囲気は一転、「健康食品が改正議論の一丁目一番地に」(行政関係者)と言われるほどに。

業界がこうした問題に的確な判断と対応策を目指していかないと、行政主導で問題解決に向けた議論が進行してしまう。想定されているのは、①製造分野でのHACCPの導入議論、②製造工場の登録制度、③プエラリアの健康被害報告をきっかけにエキス、錠剤などのサプリ原料の安全性確保などがある。プエラリアでは、製造段階での容量なども自主基準が必要になるか、効能的には、ほぼ医薬品(未承認医薬品)という見方もあるだけに、迅速な対応が求められる。

1月の健康博覧会(2018年1月31日~2月2日/東京ビッグサイト)でも、健康科学学会で食品衛生法をテーマとする講演が予定されているので、これも参考になる。

<関連記事>
・健康産業最大のビジネストレードショー「健康博覧会2018(第36回)」特設ページ
・セミナーレポート「健康被害の申出、その時どうする―厚労省が対応強化へ、消費者サイドとあるべき対応を探る―」JADMA サプリ塾
・厚労省の懇談会が提言、健食製造者の「届出制」浮上
・食品容器規制で具体的検討スタート 健食ボトル等も対象

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞1642b
  2. 健康産業新聞_1637_アドバイザリースタッフ

企業ニュース

  1. 健康産業新聞1642p
  2. 健康産業新聞 企業ニュース
  3. 健康産業新聞1642_サンクロレラ

特集

  1. 健康産業新聞1642_特集_機能性糖質
  2. 健康産業新聞1642_プラセンタ
  3. 健康産業新聞_1640_ローヤルゼリー
PAGE TOP