行政・業界ニュース

食衛生改正「骨子案」で意見募集 業界団体の役割は何か? 健食成分規制、検討対象はホルモン様作用成分など

厚生労働省は先月19日、食品衛生法等の改正骨子案についての意見募集をおこなった(締め切りは2月7日)。

改正の骨子は、①広域的な食中毒事案への対策強化、②HACCPによる衛生管理の制度化、③特別の注意を必要とする成分等を含む食品による健康被害情報の収集、④国際整合的な食品用器具・容器包装の衛生規制の整備、⑤営業許可制度の見直し及び営業届出制度の創設、⑥食品のリコール情報の報告制度の創設、⑦輸入食品の安全性確保―― など。

食衛生改正「骨子案」で意見募集 業界団体の役割は何か? 健食成分規制、検討対象はホルモン様作用成分など

プエラリア問題を受けた③については、厚労大臣が指定する「特別の注意を必要とする成分等」を含む食品を製造・販売する事業者に対し、健康被害情報の報告を義務づける。検討対象になる成分として、「アルカロイドやホルモン様作用成分のうち、一定以上の量の摂取により健康被害が生じるおそれのある成分等」との考えを示した。“特別の注意が必要な成分”は……

ウェブでは一部を公開しています。全文は「健康産業新聞」紙面(1637号)で

先月16日に開催された薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会では、会合に出席した委員から、「(健康食品の被害情報は)『時間をかけて議論したのに骨子になるとこれだけ?』という印象」といった感想や、「医療関係者の協力が得られないことも想定されるので『努める』という表現は弱いのでは」といった声も……

ウェブでは一部を公開。記事は「健康産業新聞 1637号」に掲載しています。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50ページ)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
・原料広告の在り方など講演ー健康産業新聞業界時事セミナー
・食品衛生の国際標準化制度、来年度成立へ
・セミナーレポート「健康被害の申出、その時どうする―厚労省が対応強化へ、消費者サイドとあるべき対応を探る―」JADMA サプリ塾
・【主張】心を不健康にする「健康食品Q&A」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞 企業ニュース
  2. 全日本健康自然食品協会、2018賀詞交歓会
  3. 日健栄協、山東昭子会長(左)、下田智久理事長(右)

企業ニュース

  1. 明治、家庭用マーガリン全製品で「トランス脂肪酸」削減へ
  2. 【連載】「機能性表示食品」受理企業の戦略 -㈱ユーキャン サプリメント『快腸肌潤』-
  3. 丸善製薬、ヒハツ抽出物のTie2活性化で特許取得

特集

  1. 酵素・酵母食品、市場は540億円
  2. ゴマ1粒に1%、抗酸化物“リグナン” サプリ、製菓類、スムージー、外食向けなど多用途で採用進む
  3. 健康産業新聞1636_26霊芝
PAGE TOP