未分類

【市場動向】ミネラル食品・素材の市場動向

わが国のミネラル市場は、ここのところ大きな変化はみられない。カルシウム市場は成熟し、微量ミネラルなどは添加量が微量であるため、大きな伸びにつながりにくい。


しかし、高齢者の骨粗鬆症予防や、蔓延する食生活の乱れ、ダイエットやメタボ対策での食事制限など、今まで以上にバランスよいミネラル摂取の必要性が再認識されていることは確かだ。平成19年国民健康・栄養調査でも依然変わらず各世代でカルシウム摂取量の不足が明らかにされている。本稿では、摂取量の増加が急務とされるミネラルについての市場動向・原料動向を探る。
<主なミネラル素材サプライヤー>
●カルシウム
エヌ・シー・コーポレーション
カワイマテリアル
昭和化工
白石カルシウム
太平化学産業
太陽化学
富田製薬
ピューラック・ジャパン
北海道石灰加工
マリーンバイオ
武蔵野化学研究所
●マグネシウム
エヌ・シー・コーポレーション
カワイマテリアル
協和化学工業
協和発酵バイオ
太陽化学
マリーンバイオ
三菱化学フーズ
明治フードマテリア
●鉄
一丸ファルコス
エーザイフード・ケミカル
昭和化工
太陽化学
富田製薬
●カリウム
昭和化工
富田製薬
ピューラック・ジャパン
●微量ミネラル
エル・エスコーポレーション
セティ
富田製薬
ピューラック・ジャパン
メディエンス

関連記事

  1. 【市場動向】茶加工品の素材開発と市場動向
  2. 【寄稿】薬用キノコ・チャーガの機能
  3. 【3月号】健康食品の市場動向と素材・技術研究①
  4. 品質管理のための水分活性・pH測定計
  5. 今週の食人(Shoku-Nin)シリーズ4
  6. 【3月号】健康食品の市場動向と素材・技術研究②
  7. 健康食品の市場動向と素材・技術研究 1
  8. 【素材レポ】カツオ動脈球由来エラスチンペプチドの特徴

おすすめリンク先

PAGE TOP