未分類

【品質安全】最新の食品成分分析技術―公定法VS迅速・環境対応法―

原料の成分確認や製造工程の管理、製品の品質評価や栄養評価のための食品の成分分析は、高まる品質への要求と食品を取り巻く法規制の改正の中で、分析項目、頻度とも増えており、迅速・簡便法のニーズが高まっている。


<各種成分分析機器を取り扱う主な企業>
●たん白分析
・ケルダール法分析装装置
アクタック
ゲルハルトジャパン
なかやま理化製作所
日本ビュッヒ
フォス・ジャパン
・燃焼式(デュマ法)装置
ゲルハルトジャパン
ジェイ・サイエンス・ラボ
住化分析センター
DKSHジャパン
LECOジャパン
・たん白測定の新技術
アステック
●脂質分析
・ソックスレー改良装置
アクタック
ゲルハルトジャパン
なかやま理化製作所
日本ビュッヒ
フォス・ジャパン
・脂肪測定の新技術
アステック
ブルカー・オプティクス
●食物繊維分析
アクタック
ゲルハルトジャパン
三紳工業
フォス・ジャパン
●灰分測定
アクタック
アステック
ジェイ・サイエンス・ラボ
日本ビュッヒ
●食品分野で使われるNIR装置
日本ビュッヒ
ニレコ
ビーエルテック
フォス・ジャパン
ブルカー・オプティクス
●超小型プラズマ発光タイプの元素分析器
マイクロエミッション

関連記事

  1. 新素材レポート カビ・酵母を防ぐナタマイシン
  2. 【素材レポ】超臨界抽出花粉エキス“グラミネックスG63”
  3. 【8月号】食品加工のための乳化剤の市場動向
  4. 【市場動向】日持向上剤・保存料製剤
  5. 食品用乳化剤の市場動向
  6. 【素材レポ】すいおう(甘藷若葉末)の機能性と展望
  7. 【市場動向】食品加工用酵素の市場動向
  8. クローズアップ

おすすめリンク先

PAGE TOP