バックナンバー

【今月号の特集2】冷凍・解凍技術の最新動向

冷凍食品の品質を決める要素技術

  東京海洋大学 教授 鈴木 徹

食品分野における冷凍・解凍最新技術

  古川技術士事務所 所長 古川 博一

高周波誘電加熱による解凍装置

  山本ビニター(株) 代表取締役 山本 泰司

ロス削減と鮮度保持で見直しが進む冷凍・解凍技術


<主な内容>
●冷凍食品の品質を決める要素技術
1.素材・調理過程
2.凍結過程
3.凍結によって到達すべき温度・貯蔵温度条件
4.解凍過程
●食品分野における冷凍・解凍最新技術
はじめに
1.直膨式か間接式か
2.HCFC代替冷媒と自然冷媒
3.冷蔵・冷凍保管技術
4.凍結設備
5.解凍設備
●高周波誘電加熱による解凍装置
はじめに
1.外部加熱と内部加熱
2.高周波加熱とマイクロ波加熱
3.完全解凍とテンパリング
4.高周波解凍の特長
5.実用例における仕上温度
6.ドリップ量の比較
おわりに
●ロス削減と鮮度保持で見直しが進む冷凍・解凍技術
<注目の冷凍装置メーカー>
前川製作所
<注目の解凍装置メーカー>
山本ビニター

関連記事

  1. 6月号特集 食品の事故・クレーム対策
  2. 8月号特集 スポーツ栄養に関する最近の話題
  3. 【2018年3月号・特集】口腔ケア食品開発の新規アプローチ
  4. GABAの最新機能研究と素材開発
  5. これからの食品開発を考えるXIV
  6. 安全管理の機器・資材<迅速微生物検査技術>
  7. 【2019年11月号・特集】新規食品資源開発とその利用
  8. これからのダイエット食品開発

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP