バックナンバー

【今月号の特集2】冷凍・解凍技術の最新動向

冷凍食品の品質を決める要素技術

  東京海洋大学 教授 鈴木 徹

食品分野における冷凍・解凍最新技術

  古川技術士事務所 所長 古川 博一

高周波誘電加熱による解凍装置

  山本ビニター(株) 代表取締役 山本 泰司

ロス削減と鮮度保持で見直しが進む冷凍・解凍技術


<主な内容>
●冷凍食品の品質を決める要素技術
1.素材・調理過程
2.凍結過程
3.凍結によって到達すべき温度・貯蔵温度条件
4.解凍過程
●食品分野における冷凍・解凍最新技術
はじめに
1.直膨式か間接式か
2.HCFC代替冷媒と自然冷媒
3.冷蔵・冷凍保管技術
4.凍結設備
5.解凍設備
●高周波誘電加熱による解凍装置
はじめに
1.外部加熱と内部加熱
2.高周波加熱とマイクロ波加熱
3.完全解凍とテンパリング
4.高周波解凍の特長
5.実用例における仕上温度
6.ドリップ量の比較
おわりに
●ロス削減と鮮度保持で見直しが進む冷凍・解凍技術
<注目の冷凍装置メーカー>
前川製作所
<注目の解凍装置メーカー>
山本ビニター

関連記事

  1. 【6月号特集】抗酸化機能の評価をめぐって
  2. 【2017年9月号・特集】おいしさを科学する(フード・フォラム・…
  3. 【2016年1月号・特集】生理活性物質としてのDHA・EPAの機…
  4. 【6月号特集】米粉開発と利用の新展開
  5. 高齢層・シニア層に向けた食品開発
  6. 【2021年2月号】 特集/高たんぱく食品の開発をめぐって
  7. 【2024年4月号】特集/オノマトペとおいしさ開発/減塩と認知症…
  8. 【2020年9月号】特集/新規機能性素材の特性と利用

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP