未分類

【市場動向】消臭素材の開発と利用動向

近年、人の臭いに対するエチケット意識は年齢を問わず高まりつつあり、口臭や体臭をターゲットとしたエチケット製品が一つのジャンルとして市場を形成している。世界的景気の後退で市場全体が冷え込む中、これらオーラルケアをはじめとするエチケット製品の市場は堅調に推移している。本稿では、消臭を訴求した食品市場とこれらの製品に使用される消臭・マスキング機能を持つ素材の動向についてみていく。


<主な消臭・マスキング素材のサプライヤー>
●鉄クロロフィリンナトリウム
タマ生化学
●米胚芽・大豆発酵素材
東洋発酵
●さとうきび抽出物
三井製糖
●サイクロデキストリン
日本食品化工
塩水港精糖 / パールエース
シクロケム
◆矯臭効果を持つ酸化防止剤「ローズマリー抽出物」◆
三菱化学フーズ

関連記事

  1. 【新技術レポ】DNAチップを用いた食品素材の機能性評価
  2. 【品質安全】油脂劣化のチェック機器・資材
  3. 技術レポート 従来型スプレードライヤーの問題を解消する新開発デバ…
  4. 【2月号】Food ITソリューションの最新動向
  5. 【9月号】食品工場の洗浄・除菌剤と清浄度モニタリング
  6. 有機酸市場の最新動向
  7. 【特別ルポ】スーパーの環境改善と歩留まり向上に貢献するオゾンシス…
  8. 【品質管理レポ】食品の品質管理に対応するおんどとりの新技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP