未分類

今週の食人(Shoku-Nin)シリーズ3

日本ハム(株) 中央研究所 市川 淳 氏

DSCN2071.JPG
日本ハム中央研究所で、機能性素材の開発及び営業を担当する市川淳氏は、2010年にヒットさせたい素材として「エラスチン」を挙げる。現在、美容素材として不動の人気を誇る“コラーゲン”、“ヒアルロン酸”に次ぐ第3の素材にしたいと意気込む。

関連記事

  1. 特別レポート 「伝統にんにく卵黄」製品の有用性
  2. CLOSE UP
  3. ゲル化・増粘安定剤の最新開発動向
  4. クロマトの開発動向
  5. 【支援技術】機能性食品製造をサポートする粉粒体技術
  6. 「たかが蒟蒻、されど蒟蒻」に学ぶ食品開発
  7. 【市場動向】抗メタボ・ダイエット素材の市場動向
  8. 【機能研究レポ】赤芽柏(アカメガシワ)樹皮エキス含有飲料の整腸作…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP