未分類

【品質・安全】変わる食品表示と印字・記録関連技術

産地偽装表示や消費期限虚偽表示のみならず、中国製品の異物混入事件などが社会的問題となるなど食品をめぐる事件がここ数年相次いで起き、食の安心感が揺らいでいる。信頼を取り戻すべく食品表示の改善に向けた取り組みも進められている。


同時にバーコードやラベル、印字装置および印字検査機など履歴明確化のための資材や機器は、品質管理システムの構築を図る上でその重要性を高めている。本稿では、トレーサビリティシステムをはじめとする生産/流通管理システムの構築において鍵を握る各種コードやタグ、さらに精密性、正確さ、鮮明さに加え、簡易操作性や環境配慮の対応が進む印字装置や印字検査機、ラベラーなどの表示・記録関連技術などを紹介していく。
→続きは本誌をご覧ください。
◆◆◆【注目の印字ソリューション提供企業】◆◆◆
●サーマルプリンタ
イーデーエム
「ラジアルリボンセーブ対応の連続式タイプがミドルクラスに初採用」
エムエスティ
「充実のサーマルラインアップで最適な印字ソリューションを提案」
●インクジェットプリンタ
紀州技研工業
「装置とインク開発のシナジー効果で多彩なソリューションを提供」
マークテック
「安全と環境に配慮した“エコインク”搭載可能なIJP」
ユニオンコーポレーション
「溶剤消費量を削減し、コストダウン戦略をサポートするプリンタ」
●印字・外観検査装置
ライオンエンジニアリング
「印字タイプに合わせた専用検査装置に高い評価」

関連記事

  1. 食品分野における天秤・はかりの最新動向
  2. アスリートの誰にでも For the Athlete in Ev…
  3. 【支援技術】食品業界の異物混入対策、防虫対策は万全か!
  4. 野菜・果実素材の市場動向
  5. ノロウィルス対策に! 除菌水無料サンプルキャンペーン本日まで!
  6. 編集部から
  7. 【5月号】ビタミンの市場動向
  8. 【素材レポ】屋久島産ボタンボウフウの血管機能改善作用

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP