未分類

【9月号】消臭・呈味改善・マスキング素材の市場動向

 日本人は臭いや味に敏感な民族といわれ、口臭、体臭、便臭、加齢臭など人が発する悪臭を除去する消臭素材の開発や、食品中の嫌味となる雑味・苦味・エグ味などを低減させる味質改善・マスキング素材の開発は他国と比べても発達している。

 エチケットに対する意識は年齢・性差を問わず高まる傾向にあり、エチケット製品の市場は着実に拡大している。また、マスキング素材の市場では、シクロデキストリンを中心に安定市場を形成しているが、最近では天然志向を反映し、植物由来の成分を利用するケースが増えてきている。本稿ではこれら消臭、呈味改善・マスキング機能を持つ利用動向と開発動向についてみていく。

<主なサプライヤー>

●緑茶抽出物
太陽化学
●鉄クロロフィリンナトリウム
 タマ生化学
●さとうきび抽出物
三井製糖
●米胚芽・大豆発酵素材
東洋発酵
●パセリシードオイル
香栄興業
●シクロデキストリン
日本食品化工
塩水港精糖
シクロケム
●糖転移ヘスペリジン
江崎グリコ

関連記事

  1. 【品質安全】食品品質管理システムと表示・記録関連技術
  2. 品質管理のための水分活性・pH測定計
  3. 【5月号連載】技術シリーズ3 機能性食品素材開発におけるディスク…
  4. 【3月号】受託製造企業の動向
  5. 【品質安全】食品安全マネジメントシステムISO22000導入の動…
  6. 日本清涼飲料研究会「第30回研究発表会」を開催-機能性や加工特性…
  7. 【分離・計測】味・におい・テクスチャーの客観評価を目指して
  8. 海外開発トピックス

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP