未分類

美容食品素材の最新開発動向

ダイエットと並び多くの女性に支持されるのが、肌の潤い保持や紫外線からの皮膚のトラブル防御などの「美肌・美白」をコンセプトとした美容食品である。美肌・美白を訴求した食品では、ビタミンCから始まり、ビタミンB、Eなどのビタミン類が美容素材としても活用されてきた。最近ではコラーゲン、エラスチン、プラセンタ、コンドロイチン、ヒアルロン酸などの多くの素材が美容食品の設計に利用され、多くの消費者の認知を得ている。ている。
最近の美容食品素材への関心は、体の外側からのスキンケアのみならず、「インナーコスメ」、つまり日々の摂食から美しさを求めるニーズが高まってきたからであろう。
本稿では美容食品の設計の軸となる素材の開発、利用動向をみていく。


●注目の「美肌」素材提案企業
・エル・エスコーポレーション
日本油脂
オリザ油化
日本製粉
ユニチカ
キユーピー
・日本バリアフリー/東振化学

●注目の「美肌」素材提案企業
アサヒビール
・エヌ・ディ・ーシー
キッコーマン
丸善製薬
・ミツバ貿易
備前化成
一丸ファルコス
協和発酵
興人

関連記事

  1. 混合・撹拌、乳化・分散装置の開発動向
  2. 創立50周年記念式典を盛大に
  3. CLOSE UP
  4. 【支援技術】食品の高品質化・環境対策で利用進む乾燥技術
  5. 食品品質管理に欠かせない温度管理技術
  6. 簡便・健康志向の中で注目される野菜・果実原料
  7. トレーサビリティと表示・記録関連技術の最新動向
  8. 食品産業の非加熱殺菌技術

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP