未分類

美容食品素材の最新開発動向

ダイエットと並び多くの女性に支持されるのが、肌の潤い保持や紫外線からの皮膚のトラブル防御などの「美肌・美白」をコンセプトとした美容食品である。美肌・美白を訴求した食品では、ビタミンCから始まり、ビタミンB、Eなどのビタミン類が美容素材としても活用されてきた。最近ではコラーゲン、エラスチン、プラセンタ、コンドロイチン、ヒアルロン酸などの多くの素材が美容食品の設計に利用され、多くの消費者の認知を得ている。ている。
最近の美容食品素材への関心は、体の外側からのスキンケアのみならず、「インナーコスメ」、つまり日々の摂食から美しさを求めるニーズが高まってきたからであろう。
本稿では美容食品の設計の軸となる素材の開発、利用動向をみていく。


●注目の「美肌」素材提案企業
・エル・エスコーポレーション
日本油脂
オリザ油化
日本製粉
ユニチカ
キユーピー
・日本バリアフリー/東振化学

●注目の「美肌」素材提案企業
アサヒビール
・エヌ・ディ・ーシー
キッコーマン
丸善製薬
・ミツバ貿易
備前化成
一丸ファルコス
協和発酵
興人

関連記事

  1. 【9月号】食品工場の洗浄・除菌剤と清浄度モニタリング
  2. 海外開発トピックス
  3. 食品機械用潤滑剤の利用動向
  4. 画像処理システムの最新動向
  5. 【素材レポ】キノコキトサンの摂取による体重および体脂肪の影響に関…
  6. 【支援技術】X線異物検出装置と金属検出機の最新動向
  7. クローズアップ
  8. 美容食品素材の市場動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP