未分類

【1月号】ATPふき取り検査法の最新動向

 ATPふき取り検査手法は、04年夏改定された食品衛生検査指針(微生物編)に清浄度確認法として紹介され、普及が進んでいる。


 ATP検査キットが出始めた当初は微生物検査法のような誤解もあったり、測定した数値の意味がわからず、管理手法として使えないと言った声が聞かれた時期もあったが、現在はそのような誤解も解け、現場の日常管理手法として、また衛生教育ツールとして普及しつつあり、食品加工施設から外食・中食・給食さらには病院へと拡がっている。本稿ではATPふき取り検査法の普及状況と新しい展開についてみていく。

<主なATPふき取り検査キットの取り扱いメーカー>

 ・エア・ブラウン
 ・キッコーマン食品
 ・ニッタ





関連記事

  1. ユベリ博士の独創的ダイエット論(10)
  2. たん白・ペプチド素材の市場動向
  3. 編集部から
  4. 【素材レポ】乳酸菌と野菜成分による免疫賦活効果
  5. 生産管理システムとトレーサビリティシステム
  6. 【乾燥技術】規格外、未成熟品など未利用農産物を乾燥で付加価値品に…
  7. 【8月号】食品加工のための乳化剤の市場動向
  8. ノロウィルス対策に! 除菌水無料サンプルキャンペーン本日まで!

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP