未分類

【4月号】抗ストレス食品・素材の最新動向

 抗ストレス、安眠素材としては、GABA、テアニン、PS、ペプチド、ラフマ、レモンバーム、セントジョーンズワートなどのハーブ類がある。多くの人がストレスを抱える現代、これら素材を使用したストレスケア商品の潜在ニーズは高い。しかし、薬事法や景表法の規制から消費者に対する訴求が十分に行えないことがネックとなっており、最近は目立ったヒット商品は出ていない。
 素材の動きについては、GABA、テアニン、レモンバーム、アシュワガンダは安定しており、最近動きが出てきているのが、PS、ミルクペプチド、ラフマ、沖縄の伝統野菜として知られるクワンソウなどだ。


≪抗ストレス素材の主なサプライヤー≫

●テアニン
太陽化学
●リン脂質
リパミン広報センター
ビーエイチエヌ
ヘルシーナビ
●レモンバーム
兼松ケミカル
●アシュワガンダなどの各種ハーブ類
丸善製薬
●ラフマ
常磐植物化学研究所
●クワンソウ
ソムノクエスト
●酵母ペプチド
ビーエイチエヌ
ヘルシーナビ


関連記事

  1. 産学官連携のための地域農・畜・水産物活用のための機能性食品開発研…
  2. 安定期を迎える特殊製法塩・輸入塩の市場動向
  3. アジア最大の機能性素材、技術の展示会「食品開発展」盛況裡に閉幕
  4. 食品工場のクリーン化とエアコントロール
  5. 海外開発トピックス
  6. 食品製造施設のためのエアコントロール技術【HACCP】
  7. 編集部から
  8. 酸素モニタリング装置の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP