未分類

【6月号】ポリフェノール食品・素材の市場動向

 ポリフェノールは多くの植物に含まれ、現在流通しているポリフェノール素材もベリー類、大豆、茶、オリーブ、ライチ、コーヒー豆、カカオなど様々な植物由来の原料が流通している。ポリフェノール素材には様々な生理機能が解明されているが、表示規制の厳しい健康食品市場では、機能情報が製品につけられない。このため販売に苦労する場面もあるようだが、現在の売れ筋の2大機能性とも言うべき美容とダイエット(脂肪代謝促進)訴求では、成功している素材も多い。さらに、各ポリフェノール共通の“抗酸化値”表示へ向けた動きも出てきていることから、市場拡大へ向けて期待が寄せられている。
 本稿では、ポリフェノール素材とその研究動向および、製品開発動向についてみていく。


<主なサプライヤー>

●赤ワイン

サンブライト

●アセロラ
ニチレイスーコ
●アムラ
太陽化学
●オリーブ葉・果実
エーザイフード・ケミカル
エヌ・シー・コーポレーション
サンブライト
●グァバ葉
備前化成
●カシス
タマ生化学
明治フードマテリア
●柑橘系(ヘスペリジン)
東洋精糖
●キウイ種子
オリザ油化
オムニカ
●黒大豆
フジッコ
●コーヒー豆
オリザ油化
●桜の花
オリザ油化
●さとうきび
三井製糖
●大豆(イソフラボン)
フジッコ
キッコーマンバイオケミファ
●茶
太陽化学
ケミン・ジャパン
●トマト
キッコーマンバイオケミファ
●ビルベリー
タマ生化学
オムニカ
●ブドウ種子・果皮
キッコーマンバイオケミファ
サンブライト
クレオ・インターナショナル
●ユズ果皮・種子
東洋精糖
オリザ油化
●ライチ果実・種子
アミノアップ化学
オリザ油化
●リンゴ
ユニテックフーズ
●ルイボス(非発酵)
タマ生化学
●ルチン
東洋精糖
●レスベラトロール
メディエンス
サンブライト
セティ
オリザ油化
横浜油脂工業
●ローズヒップ
森下仁丹


関連記事

  1. ●日中友好30周年にビジネスチャンスの拡大を
  2. 【連載】ニュートリゲノミクスの新展開
  3. 【品質安全】食品安全性検査の受託試験サービス
  4. 【品質安全】食品品質管理システムと表示・記録関連技術
  5. 【9月号】冷え性・血流改善素材の最新動向
  6. 今週の食人(Shoku-Nin)シリーズ3
  7. 2006 国際食品工業展
  8. たん白・ペプチド素材の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP