未分類

2011分析展/科学機器展 本日まで

jaima.JPG

分析展と化学機器展の合同展となって2回目の「分析展2011/科学機器展2011」が幕張メッセで開催されている。

分析技術をはじめとした科学機器分野の情報が集結するアジアで最大の展示会となった本展は、今回399社、1,277小間の規模で開催となる。

同展は展示フロアの充実もさることながら、毎年多くのコンファレンスや新技術説明会(出展社セミナー)が行われることで知られるが、今年のコンファレンスは46テーマと過去最大の数で行われている。

期間は9月9日(金)まで。


【注目の出展企業】

○水分吸着・脱着等温線の迅速測定に時間変化測定機能を搭載

アイネクス

○GC/MSによる食品メタボロミスの展開

アジレント・テクノロジー

○高感度と操作性を兼ね備えたコンパクトなデジタル密度計DMA500

アントンパール・ジャパン

○環境、バイオ関連など海外の最新技術、測定ノウハウを紹介

三洋貿易

○多成分多検体の微量分析を超高速で実現したトリプル四重極LC/MS

島津製作所

○迅速・簡便なたん白質分析を可能にするデュマ法装置

住化分析センター

○トランス脂肪酸分析を迅速に行える高速高圧抽出装置

日本ビュッヒ

○残留農薬の抽出向けに超臨界システムを提案

日本分光

 

関連記事

  1. 「2010東京国際包装展」誌上プレビュー
  2. 【市場動向】FD食品の市場と製造受託企業の動向
  3. ●国家戦略としての健康栄養政策はあるのか
  4. CLOSE UP
  5. CLOSE UP
  6. ミヨシ油脂、食感改良向け機能性粉末油脂「エレメント215」を発売…
  7. ビタミン市場の最新動向
  8. 変わる食品表示 シリーズ開始

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP