未分類

【9月号】食品機械用潤滑剤の最新動向

HP9月号 食品機械用潤滑剤イメージ.jpg

 食品工場の機械・設備向けに特化した潤滑剤が「食の安心・安全」ニーズの高まりを背景に普及・浸透を加速している。近年は、食品・飲料メーカーの導入はもとより、食品機械や包装機械などの機械・設備メーカーやサプライヤーがその使用を推奨する動きも拡大。同潤滑剤に対する需要家の認識が急速に深まったため、正しい理解に基づいた使用が拡がり、その使用領域も食品に直接触れる機械・設備に止まらず、食品工場に持ち込む様々な機器・道具などにも及ぶようになってきている。

 品質安全面に関しては、すでにNSF H1(離型剤は3H)グレード登録が一般化し、さらに2006年に同潤滑剤の製造品質管理の新スタンダードとして立ち上げられたISO21469の認証取得も進展しつつある。一方、潤滑性能の向上・改善を追求し、その製品データを公開することで差別化を図ろうとする動きも顕在化している。現在国内で販売されている食品機械用潤滑剤に関し、規格として認められているのは事実上NSF H1のみ。各社製品とも一般潤滑剤と同等の機能を持ちながら安全性も併せ持っている。食品・飲料メーカーや包装機械などの設備メーカーは、流通している数ある食品機械用潤滑剤の中から良質なものを選択すべきだ。


<NSF H1登録潤滑剤を取り扱う主な企業>

エクソンモービル

サン・マリンディーゼル

住鉱潤滑剤

日清オイリオグループ


関連記事

  1. 【7月号】日持向上剤・保存料製剤の市場動向
  2. 混合・撹拌、乳化・分散装置の開発動向
  3. 【4月号】生産プロセスから環境対策まで用途拡がる分離・ろ過技術
  4. 【市場動向】有機酸市場の最新動向
  5. 【素材レポ】免疫賦活効果を発揮する乳酸菌とレンコン
  6. 生産管理システムとトレーサビリティシステム
  7. 人口減少時代の始まりと食品開発の新たな可能性
  8. 高齢化、二極化で様変わりする消費動向

おすすめリンク先

PAGE TOP