未分類

【8月号】Food ITソリューションの最新動向

HP8月号 Food ITソリューション 画像.jpg

 食品・飲料(機能性素材などの原料も含む)業界におけるITソリューションへの投資は、まだら模様ながらも堅調に推移している。すでにITソリューションへの投資を進めていた大手もここにきてシステムの見直し・更新を図る動きが浮上しているほか、中堅・中小企業でも生産・物流現場での労働力問題や急展開する市場、川下からの品質情報提供要請など、様々なリスク・課題への対応に迫られ、その解決策の一つとしてITソリューションへの投資も選択せざるを得ない情勢となっている。

 食品・飲料業界では、原材料調達から完成品配送までの品質管理やトレーサビリティ対応といった高度のリスク対策に加え、研究・開発では品質・レシピ情報を駆使した効果的でヒット率の高い商品開発などへの取り組みが進展。一方、生産効率化や歩留り改善、在庫圧縮、輸送効率向上、ラインスタッフの人数・配置の最適化など、競争力を強化する動きも一段と加速している。こうした中、ITシステム導入でこれらの課題の解消する企業が増えてきている。大手・中堅に限らず、中小企業でもそうした動きが拡大。ベンダーも機能・価格を刷新し、需要の裾野を広げる戦略でシステム普及を勢いづけている。


<Food ITソリューションベンダー>


 ■製造管理系

 ○日立ハイテクソリューションズ

 ■生産管理・統合系/生産スケジューラー

 ○インフォアジャパン

 ○サンクレエ

 ○東洋ビジネスエンジニアリグ

 ○富士通マーケティング

 ○ブロード・システム・ソリューションズ

 ■成分管理・レシピ管理・規格書管理系/品質保証系/新製品開発支援系

 ○eBASE

 ○JFEシステムズ

 ○東京システムハウス

 ○ブロード・システム・ソリューションズ

 ■製造管理系

 ○LabWare Japan


関連記事

  1. 【3月号】受託製造企業の動向
  2. 【4月号連載】産学官シリーズ58機能性が注目される神奈川県の農水…
  3. ユベリ博士の独創的ダイエット論(10)
  4. 米国健康食品市場の奇跡
  5. 米国でのトランス脂肪酸騒動に思う
  6. ●コーデックス会議、食品表示の新時代を宣言
  7. トキメキ
  8. 海外開発トピックス

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP