未分類

【9月号】冷え性・血流改善素材の最新動向

お茶.jpg

 体の冷えは万病の元」といわれるように、冷え性は肩こり、疲れ、不眠、肌荒れ、むくみなど様々な症状を引き起こす原因ともなる。代表的な冷え性・血流改善素材としてはショウガがよく知られるが、07年に永谷園が発売した女性の冷えに着目した「『冷え知らず』さんの生姜シリーズ」のヒットにより、一般食品から健康食品までショウガを利用した商品開発が盛んになり、ショウガとともにヒハツ、L-シトルリン、ニンニク、高麗人参などの素材の動きも活発になっている。体感性や即効性もさることながら、女性の美容・健康をトータルでサポートすることを訴求した製品開発が多く見られ、これも冷え性対策商品の人気を押し上げている要因といえる。

 本稿では、これら冷え性・血流改善素材とそれを用いた食品の開発動向についてみていく。


●7割の人が冷え性

●冷え性・血流改善対策製品の開発動向

≪各社が提案する冷え性・血流改善素材≫

・黒ショウガエキス
オリザ油化
・ヒハツ
丸善製薬
・ライチポリフェノール
アミノアップ化学
・リンゴンベリー
オリザ油化
・ウィンターセイボリー
小川香料
・酵素処理ヘスペリジン
東洋精糖
・シシウド&コーンシルク
福田龍
・リンゴンベリー
オリザ油化


関連記事

  1. 乳化剤市場の最新動向
  2. 健康食品市場1兆2,850億円(4%増)
  3. 【素材レポ】オリーブ果実抽出物「HIDROX6%」の機能性と食品…
  4. 【10月号】機能性食品製造で重要性高まる粉粒体技術
  5. 重要性増す食品産業における異物混入対策
  6. 【支援技術】食の安全を守るための異物混入防止対策
  7. 【市場動向】スポーツフード・抗疲労素材の最新動向
  8. 【素材レポ】アガロオリゴ糖の関節炎抑制作用

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP