未分類

食品開発展と同時開催「東京国際包装展」閉幕

HP10月号 2012 東京国際包装展 イメージ写真.jpg

 アジア最大級の国際包装展「2012東京国際包装展(TOKYO PACK 2012)」が10月2 日~同5日の4日間、東京ビッグサイト東展示棟1~6ホールで開催された。開催テーマは「繋がる」。開催規模は590社・団体2,269小間。包装資材を中心に、包装機械や包材加工機械、医薬・食品加工機械、包装・環境関連機材、流通・物流システム機器などが幅広い出展製品・サービスが注目を浴びた。

 東京国際包装展は、アジア地区最大規模の国際包装展として認知されており、韓国や台湾などのナショナルパビリオンのほか、欧米地区からも数多くの企業が出展。国内外の出展社からは、加熱調理対応やバリヤ対応、易開封など、様々な機能性包材が提案されたほか、生産性をさらに向上させた高能力の包装機械、異物混入対策のための検査装置なども数多く展示され、来場者の関心を集めた。


<2012東京国際包装展の注目出展企業>

アンリツ産機システム

  「食の安全・安心」実現の総合支援で最新検出機や品質・制御システムを紹介

イシダ

  食品生産ライン省人化・生産効率向上と「食の安全・安心」支援をシステム提案

日新電子工業

  実用感度向上のコンベヤ式金検機や小型低価格のX線異物検査装置など出展


関連記事

  1. 【11月号連載】機能性食品開発のための知財戦略(11)
  2. 海外開発トピックス
  3. 【連載】ニュートリゲノミクスの新展開
  4. 【8月号】食品産業における搬送技術の最新動向
  5. 機能性訴求の新たな表示制度、始動
  6. 特別レポート 乳酸菌バクテリオシン
  7. 【市場動向】特殊製法塩・輸入塩の最新動向
  8. 【7月号】電子天びんの最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP