未分類

食品開発展と同時開催「東京国際包装展」閉幕

HP10月号 2012 東京国際包装展 イメージ写真.jpg

 アジア最大級の国際包装展「2012東京国際包装展(TOKYO PACK 2012)」が10月2 日~同5日の4日間、東京ビッグサイト東展示棟1~6ホールで開催された。開催テーマは「繋がる」。開催規模は590社・団体2,269小間。包装資材を中心に、包装機械や包材加工機械、医薬・食品加工機械、包装・環境関連機材、流通・物流システム機器などが幅広い出展製品・サービスが注目を浴びた。

 東京国際包装展は、アジア地区最大規模の国際包装展として認知されており、韓国や台湾などのナショナルパビリオンのほか、欧米地区からも数多くの企業が出展。国内外の出展社からは、加熱調理対応やバリヤ対応、易開封など、様々な機能性包材が提案されたほか、生産性をさらに向上させた高能力の包装機械、異物混入対策のための検査装置なども数多く展示され、来場者の関心を集めた。


<2012東京国際包装展の注目出展企業>

アンリツ産機システム

  「食の安全・安心」実現の総合支援で最新検出機や品質・制御システムを紹介

イシダ

  食品生産ライン省人化・生産効率向上と「食の安全・安心」支援をシステム提案

日新電子工業

  実用感度向上のコンベヤ式金検機や小型低価格のX線異物検査装置など出展


関連記事

  1. 【素材レポ】屋久島産ボタンボウフウの血管機能改善作用
  2. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ6
  3. 機能性表示食品の発売動向を追う(39)機能性表示食品の届出・受理…
  4. 【市場動向】機能性甘味料の最新市場動向
  5. 【品質・安全】鮮度保持に欠かせない解凍技術の最新動向
  6. 【4月号】食品の付加価値を高める分離・ろ過技術
  7. ●国家戦略としての健康栄養政策はあるのか
  8. CLOSE UP

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP