未分類

美容食品素材(美白)の開発動向

近年の健康食品市場でで、特に女性の支持を集めているのが、肌の潤い保持や紫外線からの皮膚のトラブル防御などの“美肌”をコンセプトにした美容食品だ。通販系・化粧品メーカーもとより、一般食品・飲料においても「美肌・美白」をコンセプトにした商品がここにきて増加している。素材としては、ビタミンC、B、E、コラーゲンなどが以前から美容食品に利用されてきたが、最近ではコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチン、植物抽出物などの多くの素材が利用されている。 体の外側からのスキンケアのみならず、体の内側から自らの良さを引き出す、つまり日々の摂食から健康的な美しさを求める女性のニーズが高まってきたからであろう。本稿では、美容食品の設計で軸となる素材の開発・利用動向をみていく。


●美白訴求素材サプライヤー1
・キッコーマン
・オリザ油化
・丸善製薬
・ホーファリサーチ
・東洋新薬
・アサヒビール
・コペルニクスジャパン
・清光薬品工業

●美白訴求素材サプライヤー2
・興人
・東洋酵素化学
・ミツバ貿易

関連記事

  1. 【支援技術】食品産業における搬送技術の最新動向
  2. 食品色素の市場動向
  3. 匂い・味&テクスチャーの測定技術
  4. 【8月号】JASIS2012特集
  5. 市場拡大が期待される各種膜システムの開発動向
  6. 【健康素材】プロポリス・ローヤルゼりーの最新市場動向
  7. 【7月号】混合・撹拌/乳化・分散装置の開発動向
  8. 編集部から

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP