未分類

食品産業の殺菌技術と装置開発

―加熱装置・非加熱装置の開発動向―
食品の殺菌には古くから熱による加熱殺菌が用いられているが、近年食品の品質に対する要求が高くなり、加熱殺菌においても、いかに短時間に食品の品質劣化を最小限に抑えて殺菌を行えるかが装置開発の課題となっている。 一方、熱をかけられない生鮮食品や液体食品、さらに食品加工施設の雰囲気殺菌などでは、非加熱殺菌技術が求められており、オゾン、紫外線をはじめ新しい技術による非加熱殺菌装置が利用され始めている。 本稿では加熱・非加熱殺菌装置の開発と利用動向についてみていく。


●注目の殺菌装置取り扱い企業1
イズミフードマシナリ
岩井機械工業
インベンシス システムス
西華産業
パワーポイント・インターナショナル
日阪製作所
カワサキ機工
ミクロ電子
日本電子照射サービス

●注目の殺菌装置取り扱い企業2
・サン・オースリー
ミワ・コーポレーション(三輪運輸工業)
千代田工販
岩崎電気
フナテック
森永エンジニアリング
伯東
ハセッパー技研
高塚薬品

関連記事

  1. 食品分野における水分測定技術の最新動向
  2. ポリフェノール食品・素材の開発と利用
  3. 【市場動向】食品加工用酵素の利用動向
  4. CLOSE UP
  5. CLOSE UP
  6. 海外開発トピックス
  7. 素材レポート ALIPURE(α-リポ酸)の運動に及ぼす影響
  8. 【市場動向】たん白・ペプチド素材の市場動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP