未分類

天然調味料の市場動向(畜肉・水産・野菜エキス)

天然調味料は消費者の高品質・本物・安全志向の需要の波にのり、順調に市場を伸ばしてきている。数年来続く消費不振の中でも、安定した動きを示している。食品全体に占める調理済食品・調味料の支出が安定して上昇していることも市場にとって好要因といえる。ただ同時に商品サイクルの短さ、各種安全証明書の提示など環境の変化や、原料確保の面でもサプライヤーにとって厳しい環境は続いている。製品も多様化しておりピュアなエキスタイプやリキッドタイプの調味料の訴求、消費者の安全性のニーズに対応する形で、コク・雑味を付与するペプチド系調味料、「こくみ」を追求した調味料などが出揃う。調味料メーカーには細かなユーザー・ニーズ、消費者の変化自在なトレンドに対応する高付加価値製品の提案が求められている。


●注目の天然調味料サプライヤー1(畜肉・水産エキス)
アリアケジャパン
丸善食品工業
大日本製薬
富士食品工業
マルハチ村松
焼津水産化学工業
理研ビタミン
宝酒造

●目の天然調味料サプライヤー2(水産・野菜エキス
イズミ食品
協和発酵工業
・ジェイティフーズ
日研フード
井村屋製菓
東海物産
佐藤食品工業

関連記事

  1. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ5
  2. 編集部から
  3. 【健康素材】海藻由来機能性素材の開発と利用
  4. 【9月号連載】産学官シリーズ61 ブラウンスイス牛肉を原料とした…
  5. 有機酸の市場動向
  6. 【特別レポ】機能性食品成分の体内利用率の解明―ポリフェノールを中…
  7. 簡易・迅速微生物検査技術の開発動向2
  8. 製品回収と詫び広告が免罪符になっていないか

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP