食品素材の記事

グルコサミンで膝関節の可動性をサポート
プロテインケミカル、新たな機能性表示で受理

プロテインケミカルの「NEW(ニュー)グルコサミン」が、「膝関節の可動性(曲げ伸ばし)をサポートする」旨をヘルスクレームとする機能性表示食品としてこのほど受理された(C410)。

研究レビューは、健常者を対象とするグルコサミン摂取での膝関節機能におよぼす影響を評価した臨床研究5報の文献で実施。グルコサミン1500mg/日の摂取が膝関節の可動性(曲げ伸ばし)をサポートし、膝の不快感をやわらげることが期待でき、膝関節の動きに悩みのある人に適すると結論づけている。今後は販売会社へのサポートを積極的に行っていく。

同社が手がける機能性表示食品では、これまでにグルコサミンの「関節軟骨の保護作用」に関する変更届が受理されているほか、グルコサミンとN-アセチルグルコサミンの「肌の乾燥緩和」に関しても受理されている。

関連記事

  1. ニューノーマル時代へ粉末MCTを拡販
  2. むずむず脚症候群に対応した大麦エキス発酵物
  3. 備前化成、高純度かつ安定性に優れたEPA素材「EPA70 BAP…
  4. ルスロ社、MSC認証の白身魚由来コラーゲンペプチドを上市
  5. 高吸収性ケルセチンのアレルギー改善で機能性表示食品にチャレンジ
  6. 丸紅ケミックス、中国新興メーカーのビタミンCを展開へ
  7. セティのβ-グルカン高含有イエスティマン セティ、免疫向け素材としてビール酵母抽出物(β-グルカン高含有)…
  8. オリザ油化、米由来セラミドでカナダ保健省のヘルスクレームを承認取…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP