食品素材の記事

林原、消費者向け製品発売―第1弾として「ファイバリクサ®顆粒」を11/27に発売

林原では、新たに消費者向け商品「スマート生活応援サプリ」シリーズを発売すること、また、その第1弾として「ファイバリクサ®顆粒」を11月27日に発売することを発表した。

「ファイバリクサ®顆粒」は、同社の独自素材であるイソマルトデキストリンを主成分とした水溶性食物繊維を顆粒状にした製品。3g入りのスティックタイプで、飲料や食事に混ぜるだけで手軽に食物繊維を摂取できる。溶解性が良く、製品の風味には影響を与えないため、いろいろな食品に応用できる。1包中の食物繊維含量は2.4g。

販売は、Web通販ショップ「林原e-shop」http://www.hayashibara-eshop.jp/ にて行う。

また、2019年1月にはシリーズ第2弾となる「へすぺり美人®」の販売も予定している。柑橘ポリフェノール(糖転移ヘスペリジン)を配合した食べやすいタブレットタイプで、場所や時を選ばず簡単にポリフェノールを摂取できる。

林原では今後も「スマート生活応援サプリ」シリーズ拡充を図っていく。

関連記事

  1. 鶏プラズマローゲンの認知機能改善で新知見―丸大食品
  2. ウエノフードテクノ、抹茶食品などの変色を抑える製剤を開発
  3. EC-12の供給不安が完全解消、さらなる利用拡大に向け提案を強化…
  4. DSM、ヒトミルクオリゴ糖メーカーのGlycom社を買収
  5. オリザ油化、米国における臨床試験で紫茶の運動機能向上作用を確認
  6. プラズマローゲンの構造の違いによる神経細胞への影響を確認
  7. オリザ油化、美容向けの新素材「トマト種子エキス」を開発―10/3…
  8. 池田糖化、加工食品に利用しやすい粉末状の冬虫夏草(サナギタケ)を…

おすすめリンク先

PAGE TOP