食品素材の記事

グリーンオート乾燥エキスの単回摂取による認知機能への影響を調べた試験を紹介

アスク薬品では、同社が取り扱っている「グリーンオート乾燥エキス Neuravena®」の臨床試験における最新データを紹介している。19~34歳の男女健常者20名を対象としたランダム化二重盲検プラセボ対照試験で、Neuravena®(800mg)を単回摂取した際の認知機能に与える影響を測定。摂取60分後に脳波測定下で認知課題を実施し、得られた脳波からERPs(事象関連電位)を分析した。

【試験結果】
●ストップシグナル課題
Neuravena®摂取群は正答時の総反応時間が有意に短縮。正答率は低下しなかった。
プラセボ群は反応時間が延長し、正答率が低下した。
ERPs:摂取群はプラセボ比で脳電位ERNおよびN2の振幅が有意に低下した。
●聴覚オドボール課題
Neurabena®摂取群は正答率に群間差は認められなかった。
ERPs:摂取群はプラセボ比で脳電位P3aおよびP3bの振幅が有意に低下した。

これらの結果より、Neuravena®の800mg単回摂取は、実行機能、処理スピードおよび注意力を要する課題において、認知パフォーマンスに良い影響を与えることが示唆された。

【グリーンオート乾燥エキス Neuravena®】
主に東欧のグリーンオート(オート麦開花時)の地上部を原料にスペインで抽出・製造された製品。Isovitexin(フラボノイド類)を含んでおり、油性成分を除去する処理を行っているため、水に溶けやすくなっている。海外で複数の試験結果が報告されており、これまでに認知機能サポート、注意力・集中力・作業持続性の向上などが確認されている。

関連記事

  1. インスタントティーに使えるグリーンルイボスのエキス粉末
  2. DSM、ハイドロコロイド事業を強化
  3. 不二製油、新タイプの大豆ミート「プライムソイミート」を8月より販…
  4. MORESCO 三栄源エフ・エフ・アイ、WPIとキサンタンを用いた乳化技術を食品…
  5. セティ、乳酸菌の高濃度シリーズラインアップ拡充
  6. スイス・ホーファー社ナラの木由来の特許素材「ロブビット」の供給へ…
  7. オリザ油化、ドライマウスの症状や口臭を改善する「花椒オイル」の提…
  8. 水溶性を高めたイソクエルシトリン、米国市場で本格販売を開始

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP