未分類

スポーツフード素材の開発動向

わが国では欧米に比べアスリートフードに関しては開発が遅れ市場も他の健康を目的とした食品に比べて伸長が遅かったが、ここにきて新素材の開発や欧米で実績をもつ素材の紹介などが活発になっており、最終製品の市場もアミノ酸、ペプチド、CoQ10、カルニチンなどを利用したサプリメントや飲料が、プロユースのみならず、スポーツコンセプトをもつマスマーケットの製品にも広がり見せ、機能性食品市場でも注目のカテゴリーの一つに成長している。
本稿では、スポーツフードの開発状況、生理研究データ、素材各社の開発・販売状況などを紹介し、今後、わが国におけるスポーツニュートリション市場の可能性を探っていく。


●注目のスポーツフードサプライヤー1
・ロンザ
・デグサテクスチュラントシステムズ
・協和発酵工業
・不二製油
・日清ファルマ
・江崎グリコ
・日本ハム
・日本NZMP
・キユーピータマゴ

●注目のスポーツフードサプライヤー2
・日成共益

関連記事

  1. 特別レポート 健康食品と医薬製剤技術
  2. 【11月号】食品の付加価値を高める分離・ろ過技術
  3. 【品質・安全】洗浄バリデーション法として定着するATPふき取り検…
  4. 【HACCPレポ】スマート・フードシリーズに見る食品搬送・加工ベ…
  5. 「2010東京国際包装展」誌上プレビュー
  6. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う
  7. 【支援技術】混合・撹拌、乳化・分散装置の開発動向
  8. 健康食品の市場動向と素材・技術研究 主要・機能別素材

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP