未分類

スポーツフード素材の開発動向

わが国では欧米に比べアスリートフードに関しては開発が遅れ市場も他の健康を目的とした食品に比べて伸長が遅かったが、ここにきて新素材の開発や欧米で実績をもつ素材の紹介などが活発になっており、最終製品の市場もアミノ酸、ペプチド、CoQ10、カルニチンなどを利用したサプリメントや飲料が、プロユースのみならず、スポーツコンセプトをもつマスマーケットの製品にも広がり見せ、機能性食品市場でも注目のカテゴリーの一つに成長している。
本稿では、スポーツフードの開発状況、生理研究データ、素材各社の開発・販売状況などを紹介し、今後、わが国におけるスポーツニュートリション市場の可能性を探っていく。


●注目のスポーツフードサプライヤー1
・ロンザ
・デグサテクスチュラントシステムズ
・協和発酵工業
・不二製油
・日清ファルマ
・江崎グリコ
・日本ハム
・日本NZMP
・キユーピータマゴ

●注目のスポーツフードサプライヤー2
・日成共益

関連記事

  1. 【N-tecレポ】ますます重要になる安全性・有用性のエビデンスの…
  2. 編集部から
  3. 【市場動向】スーパーフルーツ・ベジタブル
  4. 【4月号】乳酸菌―プロバイオ・プレバイオからシンバイオティクス・…
  5. クローズアップ
  6. 新素材レポート
  7. 【素材レポ】ジボダン、TasteTrek Citrusで新しいオ…
  8. 東洋新薬、仏トゥールーズ理工科学院との共同研究開始

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP