未分類

生産管理ソリューションとトレーサビリティシステム

BSEの発生を契機として食の安全が改めて問われる中で、食品業界では原料調達から流通に至るまでの安全性の確保が急務になっている。2003年6月には牛肉のトレーサビリティ法が成立し、12月から生産段階、2004年12月からは流通段階を含むトレーサビリティ法が施行される。こうした状況下、食品業界ではトレーサビリティの必要性を認識し、牛肉以外の様々な食品分野でトレーサビリティシステムの導入が拡がっている。トレーサビリティの目的は、事故発生時の原因究明や回収を容易・迅速にする、正確な生産情報を消費者に提供するの2点に集約されるが、その確立は、製品の厳格な品質管理と同様、食の安全確保に不可欠な要件になっている。
本稿では、安心・安全が厳しく問われている食品業界の現状を踏まえ、食品業界におけるトレーサビリティの現状とトレーサビリティシステムおよび食品工場の品質管理と生産性・収益性の向上を生み出す生産管理ソリューションの最新動向を探る。


●生産管理ソリューション・
トレーサビリティシステム提供有力会社

オムロン
富士電機システムズ
ブロード・システム・ソリューションズ
ステージ
デンソーウェーブ
アルゴ21
日建レンタコム

関連記事

  1. 米IFT2010開催 ―減塩ニーズ高まる―
  2. プロバイオティクス・プレバイオティクス素材の市場動向
  3. 【9月号連載】産学官シリーズ61 ブラウンスイス牛肉を原料とした…
  4. 【10月号】機能性食品製造で重要性高まる粉粒体技術
  5. オゾンくん蒸の除菌効果と安全性確保技術
  6. 海外開発トピックス
  7. 【品質・安全】ATPふき取り検査法の最新動向
  8. 【品質安全】安全性(危害物質)の受託検査サービス

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP