関連トピックス

動物性原材料不使用の業務用「ベジラーメンスープ とんこつ風」新発売

三菱商事ライフサイエンスは、動物性原材料不使用の一発型ラーメンスープの新製品「ベジラーメンスープ とんこつ風」を年11月27日に全国で発売する。

肉・魚介・乳成分・卵・はちみつとそれらに由来する動物性原材料を使用せず、野菜エキスや植物油などの植物性原材料を使用し、同社独自の調味技術や配合でとんこつ風味を再現して濃縮タイプのラーメンスープに仕上げた。お湯で割るだけで簡単にラーメンスープに仕上がり、人手不足をカバーしながら、本格的な味わいを提供可能。ヴィーガン及びベジタリアン向けメニューはもちろん、その他メニューにも応用することができる。

ラーメンスープとして使用する場合は約8~10倍に薄めて使用。本品30~40gに対し、お湯280mlを加え、よくかき混ぜるだけで本格的な味わいに仕上がる。ベジラーメンやベジ担担麺、ベジ皿うどんのほか、ベジ餃子、ベジとんこつ風鍋などの応用レシピも用意する。容量は500gスタンディングパウチ(スパウト付)×10袋入り。賞味期限は12カ月。「特定非営利活動法人 ベジプロジェクトジャパン」が定めるヴィーガンの認定基準を満たしており、製品ラベルには「ヴィーガン認証マーク」を入れている。

使用されている原材料表示は次の通り。粉末油脂、たん白加水分解物、食塩、砂糖、すりにんにく、小麦発酵調味液、酵母エキス、オニオンエキス、キャロットエキス、食用植物油脂、ごま油、しいたけエキスパウダー、昆布粉末、香辛料/増粘剤(加工デンプン)、香料、(一部に小麦・ごま・大豆を含む)。

関連記事

  1. 食品開発展2018、盛会裡に閉幕
  2. ヘスペリジン研究会、第13回 研究発表会を11月15日にオンライ…
  3. IoTや計量制度改正に関する情報を提供
    食品メーカー関係…
  4. 2020年の豆乳類生産量が過去最高の生産量に―コロナ禍で宅内での…
  5. AIFN、「バイオ食品」に関する最新動向セミナー開催
  6. 「EHEDG」認証機関の早期承認を目指す
    日食工賀詞交歓会…
  7. 機能性食品に関連する研究が一堂に、「第16回ファンクショナルフー…
  8. ドイツでHi Europe 2018 開催、Fiber(食物繊維…

おすすめリンク先

PAGE TOP