未分類

食品産業における分離・濾過技術

食品産業における分離・濾過技術は、多種多様の原料から特定の目的成分を得るために用いられるなど、食品工業分野では重要な単位操作として位置付けられる技術。膜や金属フィルター、遠心分離機、クロマト分取、スクリーンなどによる分離・濾過技術は、飲料や乳製品、糖類、発酵食品など様々な分野で活用されてきた。これらの技術は、食品産業においては新たな機能性成分の抽出や回収、目的成分の純度を高める精製、異物除去や除菌化などを目的とするほか、食品加工用水の精製と再利用や排水処理などにも広く用いられている。本稿ではこれら分離・濾過技術の最新動向とメーカー・取り扱い各社の現況を紹介する。

関連記事

  1. 【12月号】変わる食品表示と印字・記録関連技術
  2. 【分析・計測】におい・味・テクスチャー・色の客観評価を目指して
  3. 世界的な価格高騰の中で急がれる食糧対策
  4. 揺れ動く食の安全性議論
  5. 【10月号】食品事項対策のための検査サービス最新動向
  6. 食品表示規制とラベル・ラベラー・印字装置
  7. 医療制度改革と食品開発
  8. クローズアップ

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP