未分類

食品産業における分離・濾過技術

食品産業における分離・濾過技術は、多種多様の原料から特定の目的成分を得るために用いられるなど、食品工業分野では重要な単位操作として位置付けられる技術。膜や金属フィルター、遠心分離機、クロマト分取、スクリーンなどによる分離・濾過技術は、飲料や乳製品、糖類、発酵食品など様々な分野で活用されてきた。これらの技術は、食品産業においては新たな機能性成分の抽出や回収、目的成分の純度を高める精製、異物除去や除菌化などを目的とするほか、食品加工用水の精製と再利用や排水処理などにも広く用いられている。本稿ではこれら分離・濾過技術の最新動向とメーカー・取り扱い各社の現況を紹介する。

関連記事

  1. 【市場動向】抗メタボ・ダイエット素材の市場動向
  2. 【9月号】冷え症・血流改善素材の最新動向
  3. 乳化剤の市場動向
  4. 【品質安全】動き出した食品安全MS/ISO22000
  5. 【12月号連載】機能性食品開発のための知財戦略(12)
    食…
  6. 【HACCP】洗浄・除菌剤と衛生管理サービス
  7. 【8月号連載】産学官シリーズ60 世界遺産からの自然の恵み「弘前…
  8. 高齢化と少子化に食品業界は対応しているのか

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP