未分類

フレーバーから探る2006年食品トレンド

食品の風味付けに欠かせないフレーバーは、加工食品の市場拡大に伴い需要は増加。日本香料工業会の統計によると、2004年の食品香料の国内生産量は56,133トン、生産額は1,326億円と過去最高を記録した。食の多様化やライフスタイルの変化、さらに商品のライフサイクルの短期化などを背景に、消費者の加工食品に対するおいしさへのこだわりは情報ツールの発達とともに加速度的に高まっており、商品の選択基準も複合化している。食品業界においては安全・安心はもちろん、本物・健康志向のニーズを重視し、“おいしさ”プラス“機能”を開発テーマに掲げる企業も少なくない。おいしさの基本となるフレーバーの役割は非常に大きく、製品を差別化する上でも重要な鍵を握る。
本稿では、2005年の飲料・食品市場動向のまとめと、加工食品の発展を支えるフレーバーサプライヤーへのアンケートを通し、2006年の香りのトレンドを探る。


☆主なサプライヤー(50音順)
ヴィルドジャパン
小川香料
コーケン香料
小林香料
サンアロマ
三栄源・エフ・エフ・アイ
塩野香料
曽田香料
高砂香料
高田香料
ダニスコジャパン
長岡香料
長谷川香料
横山香料

関連記事

  1. 生産管理システムと商品規格書作成システム
  2. 【市場動向】食品加工用酵素の市場動向
  3. 機能性食品開発のための知財戦略(17)
    食品用途発明の最…
  4. 誰も食べ過ぎてはならない?!
  5. 食品産業のISO認証取得動向
  6. 新素材レポート
  7. 【10月号】食品の放射能測定技術
  8. デュポン、5/23にプロテインセミナーを開催

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP