技術・機器の記事

IoT 時代にふさわしい安全性と利便性を追求した「ワイヤレスデータロギングシステム」 おんどとり「RTR500B シリーズ」発売

ティアンドデイはこのほど、主力製品であるRTR-500 シリーズの上位モデルとして「RTR500B シリーズ」を開発、販売を開始した。

新シリーズは温度、湿度をはじめとする多様な項目(熱電対、Pt100/Pt1000 、電圧、4-20mA、パルス数)を測定&記録する子機と、子機が収集したデータを無線通信で自動収集する親機で構成されている。また、Bluetooth® 通信機能を搭載し、よりセキュアな通信方式であるHTTPS にも対応している。各種設定はスマートフォンアプリやクラウドから設定可能。

主な特長は、
①親機-子機間の無線通信距離は見通しの良い直線で約150m
②さまざまな環境での無線ネットワークの構築を実現可能
③無料のクラウドサービス「おんどとり Web Storage」にデータを自動送信することでいつでもどこからでもデータ確認が可能
④Bluetooth® 通信機能を搭載しており、スマート端末からの子機登録や各種設定が可能
⑤サーバとの通信方式をHTTPS に刷新し、より安全なデータ通信が可能 など

冷凍庫・冷蔵庫の温度管理や輸送トラックのコンテナ内温湿度の記録・モニタリング、工場、倉庫、ビル設備などの温湿度、計装信号の記録など幅広い分野でのモニタリングに最適。

関連記事

  1. 悪臭対策から熱中対策まで作業環境改善をトータルでサポート
  2. 微酸性次亜塩素酸水を活用した青果・野菜類活性化装置
  3. テストー 耐熱・耐圧データロガーなど新製品4アイテムを発表
  4. マイクロ波減圧乾燥機の需要さらに拡大の公算
  5. 防水型デジタル温度計に無線通信モデルを追加
  6. 30種類以上の天然素材を利用した消臭システムにコンパクトタイプ登…
  7. 固形物入り高粘度液体に最適な新型充填ノズル搭載
  8. 全自動強制手洗器をリニューアルHACCP対策に親和性高まる

おすすめリンク先

PAGE TOP