技術・機器の記事

IoT 時代にふさわしい安全性と利便性を追求した「ワイヤレスデータロギングシステム」 おんどとり「RTR500B シリーズ」発売

ティアンドデイはこのほど、主力製品であるRTR-500 シリーズの上位モデルとして「RTR500B シリーズ」を開発、販売を開始した。

新シリーズは温度、湿度をはじめとする多様な項目(熱電対、Pt100/Pt1000 、電圧、4-20mA、パルス数)を測定&記録する子機と、子機が収集したデータを無線通信で自動収集する親機で構成されている。また、Bluetooth® 通信機能を搭載し、よりセキュアな通信方式であるHTTPS にも対応している。各種設定はスマートフォンアプリやクラウドから設定可能。

主な特長は、
①親機-子機間の無線通信距離は見通しの良い直線で約150m
②さまざまな環境での無線ネットワークの構築を実現可能
③無料のクラウドサービス「おんどとり Web Storage」にデータを自動送信することでいつでもどこからでもデータ確認が可能
④Bluetooth® 通信機能を搭載しており、スマート端末からの子機登録や各種設定が可能
⑤サーバとの通信方式をHTTPS に刷新し、より安全なデータ通信が可能 など

冷凍庫・冷蔵庫の温度管理や輸送トラックのコンテナ内温湿度の記録・モニタリング、工場、倉庫、ビル設備などの温湿度、計装信号の記録など幅広い分野でのモニタリングに最適。

関連記事

  1. ファインバブル技術用語ISOで規格化 「ナノバブル」使わず
  2. 衛生面に配慮した非接触センサー採用のNonタッチタイマー
  3. ふれずにスタートできる衛生仕様 手洗い用タッチレスタイマー
  4. 二酸化塩素の業務用クレベリン定額販売開始
  5. Bluetoothでスマホやタブレットにデータ送信できる
  6. 機能性素材の研究・開発を迅速にサポート
  7. JFEシステムズ記事イメージ 原料規格書管理限定エントリーモデルを発売
    「Mercriu…
  8. ウイルス対応範囲をより広げた手指消毒用アルコール系除菌剤

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP