技術・機器の記事

IoT 時代にふさわしい安全性と利便性を追求した「ワイヤレスデータロギングシステム」 おんどとり「RTR500B シリーズ」発売

ティアンドデイはこのほど、主力製品であるRTR-500 シリーズの上位モデルとして「RTR500B シリーズ」を開発、販売を開始した。

新シリーズは温度、湿度をはじめとする多様な項目(熱電対、Pt100/Pt1000 、電圧、4-20mA、パルス数)を測定&記録する子機と、子機が収集したデータを無線通信で自動収集する親機で構成されている。また、Bluetooth® 通信機能を搭載し、よりセキュアな通信方式であるHTTPS にも対応している。各種設定はスマートフォンアプリやクラウドから設定可能。

主な特長は、
①親機-子機間の無線通信距離は見通しの良い直線で約150m
②さまざまな環境での無線ネットワークの構築を実現可能
③無料のクラウドサービス「おんどとり Web Storage」にデータを自動送信することでいつでもどこからでもデータ確認が可能
④Bluetooth® 通信機能を搭載しており、スマート端末からの子機登録や各種設定が可能
⑤サーバとの通信方式をHTTPS に刷新し、より安全なデータ通信が可能 など

冷凍庫・冷蔵庫の温度管理や輸送トラックのコンテナ内温湿度の記録・モニタリング、工場、倉庫、ビル設備などの温湿度、計装信号の記録など幅広い分野でのモニタリングに最適。

関連記事

  1. 二酸化塩素の業務用クレベリン定額販売開始
  2. プラグ、消費者のパッケージデザイン好意度をAIで予測
    パ…
  3. 前川製作所 高効率自然冷媒冷凍機をモデルチェンジ
  4. フードロスとチャンスロス削減、異物対策で注目
    湿度100%…
  5. 工場内感染予防に効果「エアーサプリ」を開発
    -ヒノキチオー…
  6. 簡単に食品解析が行えるハイパースペクトルカメラ発売
  7. 粉体・液体混合インラインミキサーの能力強化機種を発売
  8. ニレコ、デスクトップ型「近赤外分析計A8850」の販売を開始

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP