未分類

抗酸化能の簡易迅速測定法

抗酸化能の簡易迅速測定法
近年、ヒトの老化や生活習慣病に体内で発生する活性酸素(フリーラジカル)等の酸化ストレスが関与することが明らかになってきた。そのため、食品成分による酸化ストレスの防止や抑制の観点から、抗酸化成分(老化と病気の原因の90%に関係しているといわれる活性酸素を抑制・除去する物質)の評価・測定等が行われるようになってきた。
それにともない、抗酸化能の測定・評価のための装置・試薬・キットの開発が各社より急ピッチで進められるようになってきた。本稿では、簡便化・高精度化が進む抗酸化能測定のための装置および周辺資材の動向をみていく。


【注目の抗酸化能測定装置サプライヤー】
アトー
アロカ
三洋貿易
ウイスマー研究所
上記特集は毎年1月号に行っております。
次回特集の際、取材および広告ご出稿のご要望・お問い合わせは、Tel03-5296-1012、またはこちらまで

関連記事

  1. フレーバーから探る2006年食品トレンド
  2. 編集部から
  3. ユベリ博士の独創的ダイエット論<14>
  4. 【6月号】PCでの油脂劣化の迅速モニタリング
  5. 迷走する健康食品の安全性ガイドライン
  6. 【5月号】変わる食品表示と印字・記録関連技術
  7. 【分析計測】電子天びん・はかりの最新動向
  8. 古くて新しい国インド

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP